「やりたいこと」と「やるべきこと」のバランスはどう取ればいいの?

「やりたいこと」と「やるべきこと」のバランスはどう取ればいいの?

「やりたいこと」を実現したいからこの仕事を選びました。

という話は、転職をされてからダイアログに来られた方で、よく伺います。

しかし、やりたいことばかりができないのが仕事ですよね。

時には「やるべきこと」を組織上、強いられる場面だって大いにあります。

そんなときに「やりたいこと」と「やるべきこと」のバランスをどうやって取ればいいんだろう?

と思いませんか?

実はこれ、ちょっと不思議な前提が隠されているんです。

「組織のやるべきこと」をやらないと「あなたのやりたいこと」はできない?

やりたいこと・やるべきことって、実は4つに分解できます。

  • 「組織の」やりたいこと
  • 「組織の」やるべきこと
  • 「あなたの」やりたいこと
  • 「あなたの」やるべきこと

こんな風に分けられます。

この記事を見ているあなたは恐らく、「あなたのやりたいこと」と「組織のやるべきこと」のバランスを見ているのではないでしょうか?

また、もしかして「組織のやるべきこと」をやらないと「あなたのやりたいこと」はできないと、思っていませんか?

あーそうです、私。という方は、もう少し深堀りしてみましょう。

「組織」と「あなた」を分けた瞬間“バランス”の話が出てくる

  • 結局、上から指示が振ってくるから
  • 今、会社はこの方向性にいるから

自分のやりたいことは後回しにしよう。こんな結論になりがちと思います。

これって、実は前提が隠されているんです。

「結局、上の指示は覆らない」と思っていませんか?

実際に貴社の過去の歴史の中で、覆った事例がなかったかもしれませんが、覆る可能性は常に0ではありません。

覆らなかったとしても「自分の方向性と、会社の方向性をつないでみよう」という意志があれば、何かしらの意見を通して、直接敵に影響を与えることは可能です。

「組織」と「あなた」は互いに影響し合っている

このように、あなたは組織に影響を及ぼすことができます。

というよりは、今も影響を与えあっています。

新入社員のあなたでも、部下でいるということは、上司がいますよね?

あなたという部下がいないと、上司は上司になれないのです。部下がいないと上司はいませんからね。

こうした役割の関係性をつくっているわけですし、コミュニケーションにおいて様々な影響をもたらしています。

そう考えると、もし「自分のやりたいことは、絶対にこの組織にいい影響を与える」と客観的なメリット・デメリットを鑑みた上で思っているのなら、それを提案すればいいだけの話です。

それを実行していけば「自分のやりたいこと」と「組織のやるべきこと」はマッチしていきます。

・・というのは理想論だけど!

正直、それが難しいですよね。

だから現実的にステップを踏んでいくなら、こんなステップがいいと思います。

  • 「やりたいことをやった割合」と、「やるべきことをやった」割合を毎日出す
  • 「自分自身がやりたいこと」が一体なんなのか書き出してみる
  • 今の組織の中で「できそうなこと」「難しそうなこと」を書き出してみる

このようにやっていくことで、ずっと「組織のやるべきこと」をこなしていたのであれば、自分のやりたかったことに意識を向けることで、自分が本当にしたいことを考えられます。

その上で、組織に伝えるべきこと・自分で行いたいことなどを分けていきながら、段々と組織と自分自身の融合をしていくことで、毎日がより楽しくなっていきますよ。

まずは自分の主観で(やりたいことって主観ですからね笑)割合を出してみましょう。

そこから、内容に入っていく流れがよいと思いますよ。

ぜひ、試してみてくださいね。

あなたの人間関係力が診断できます

5-10分の質問に答えるだけで、あなたの人間関係の傾向が分かります。

人間関係力診断に答えてくだされば、後日診断書をメールにてお送りします。

診断はこちら

喜びの声をもらいました!

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらで可能です。

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!