一生続けたくないなら読んで欲しい、引き受けグセをなくす方法

従わなくても、生きていける

昨日は残業でしたか?みんなが帰っている中、何故か残っていませんでしたか?仕事量が多すぎる?それとも、コミュニケーションが成り立たず、仕事がはかどっていない?

学校と違って、仕事の出し方って、提出先の判断基準があります。自分で、これは100点だ!と思っても、全然違う答えが返ってくる。

そんな状態に、一喜一憂しなくても、今までの学校とは、違ってきただけなのだから、そこは心配しないで大丈夫ですよ!

問題なのは、あなたが、引き受けすぎてないか?ということです。逆に言えば、都合よく使われていませんか?ということ。

たとえあなたが、その中でも下っ端であっても、ちゃんと意思を通し、「平等に」仕事をしている、同僚や先輩がいると思います。

自分の責任と相手の責任を、線引きすること

どうして、「はいはい」と引き受けて、しまうのでしょうか?

それは、相手にどう思われるかが、怖いからではないでしょうか?

怒られたり、気分を悪くさせるなら、自分でやったほうがマシだ。そんな風に、「感情論」に流されていませんか?

それは、それ。これは、これ。です。

誰かの責任を、あなたが引き受ける必要がありますか?いらないのです。

ちゃんと、線引きをして、ここまではできるけど、これ以上は私にはできない。と、言ってあげれば良いのです。

たとえ、その意見が、通らなかったとしても、何度も何度もやっていけば、仕事を与えるほうも、さすがに、考えるようにはなります。(時々、それすら考えない人もいますが汗)

従ってばかりでは、仕事だって良いものにならない。だからこそ、「主張」が大切。あなたの意見は宝です。ちゃんと発信して、自尊心を高めていきましょうね。

 

あなたの人間関係力が診断できます

5-10分の質問に答えるだけで、あなたの人間関係の傾向が分かります。

人間関係力診断に答えてくだされば、後日診断書をメールにてお送りします。

診断はこちら

喜びの声をもらいました!

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらで可能です。

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!