同僚と話が合わないならば、チェックしたい3つのこと

female-865073_960_720

私は考えすぎ?な、あなたに伝えたい3つのこと。

ちょっと自分は真面目すぎるのか、合わせて楽しんだフリはできるんだけど、正直なところ、それやっていて何か価値あるのかな〜とか考えてしまう。

まぁ女子だから、そういう意味のない会話は好きなのかもしれないけど・・私、女子だけど。

ここのお店がね〜!とか、あそこのネイルが〜!とか、まぁいいよ、それはいいさ。だけど、「あそこの部署の◯◯さん、付き合っているんだって〜」とか、ごめん、ドウデモイイ!

もっとさ、なんていうの?建設的な話がしたいのよ、私は。別に愚痴を言い合うのはいいんだよ。だけどさ〜。

どうしてそうなったのか?とか、どうしたら、より協力できるのか?とか、考えてみても、いいんじゃないかな〜と、思いながら、いや、それは出過ぎたことか!と我に返る。

結局私の言いたいことは、10%くらいしか言えず、その女子会のような愚痴会は終了。むむぅ。いや、これは私が考えすぎなの?もっと柔軟に考えろってこと?
green_googlekasu20141024215319_TP_V

愚痴も言いたい、その気持ち、わかる!けど・・

なんでそんなに、いとも簡単に愚痴を言ったりして、無責任に楽しめるのだろうか?と思ってしまうあなたへ。いえ、偏屈じゃないんですよ。すっごい頑張っているんですね。

「え、いやいや、そんなことないですって。だって仕事だし、そういうものは付き物ですから・・」なんて思っているならば、いやいや!その考え方が頑張っているんですよ!

おそらくあなたは、会社の中でも仕事を一生懸命やりながら、ある程度・・いや、それ以上の成果を出しているのかもしれません。

だけれども、なんか「上手に」やっている人は、うまくいっていて、自分はうまくいっていないような・・感覚って出てきますよね。

自分は頑張っているつもりなんだけど・・なんて思えたらいいけれども「結局私がダメなんでしょ!」と思っていませんか?そして、力が入りすぎているのか、同僚との会話も、、うーん、正直疲れる。

そんなに頑張っているんだから、そうなる気持ちも分かります。しかし、この状態をなんとかしていきたいと思うのは、あなただって、考えているでしょう。

そんなあなたに向けて、3つのチェックして欲しいポイントをご紹介したいと思います。

0I9A7111ISUMI_TP_V

1.あなたの頑張りを、あなたが認めていますか?

先ほども伝えましたが、あなたはとっても頑張っているんですよね。「いや、でも成果が〜」とか「でも、今日だって上司に〜」とかの考えが出てきているのならば、あなた自身の「ない」ところに目がいってる証拠。

頑張り自体を認められていないと、他の人たちの頑張りだったり、努力に目がいかず、できていないところに目がいくようなことになっていませんか?

もしかしたら、そんな判断があなたの中で渦巻いていて、いわゆる女子トークも楽しめないくらい疲れているのかもしれません。

別に、その状態が悪いわけでもないんです。今のあなたの状態って、前進中毒というような感じ。つまり、頑張らないと、私は行けない・・というような、ある種の強迫観念かもしれません。

大丈夫です。頑張らなくたって、頑張ったって、あなたはあなた。そして、今も十分に貢献していますし、最高ですから、まずは他人を批判してもいいですから、一旦、自分を認めてあげてくださいね。

IMG_8235ISUMI_TP_V

2.誰かに、相談できていますか?

あなたの今の状態を、誰かに話をすることができていますか?例えば、今の彼氏だったり、両親だったり、同僚の中でも1人だけでもいいと思うんです。

自分の考えって、自分の外から見ることはとても難しいですから、誰かに吐き出させてもらって、特に仲の良い友人だったらば、あなたをよく見ているはずですから、何かアドバイスをくれるかもしれません。

今の状態をストップするためにも、一旦、自分のエンジンを切るためにも、誰かに相談することはいかがでしょうか?そして、その人のアドバイスを素直に聞いてみることも一つです(^^)

fitness-332278_960_720

3.自分のことを思いっきり、出してますか?

これは、もしかして・・ですが、いくら何でも話せる親友であるとはいえ、話せていないところがもしあるのならば、それはあなたの事を全開で話せている状態ではないですよね。

逆に安心して話せている状態を作れるならば、自分一人で安心できる環境を作ってみて、ノートに書いてみたり、独り言を言うことも一つです。

あなたは、頭が良いし責任感もありますから、たとえ一人でも「こんなこと言っていいのだろうか」「こんなこと思っていいのだろうか」などと思うのかもしれません。

でもね、「思ったこと」は出てきているのですから、逆にそれを押し込めたら体にも心にも毒なわけです。出ているものは、ある意味仕方ないです。

出てきている考えにまた「ダメだ」としてしまったらば、何も変わらないですからね。あなたが、思いっきり話せて、それを「あぁそう思っているのね」としてあげれば、万事解決ですよ。

IMG_2126ISUMI_TP_V

まとめ:あなたを判断できるのは、あなただけ。

周りの評価などは気になってしまうものですが、あなたに対して評価を最終的に下すことができるのは、他でもないあなたの判断です。

その判断が、どこか他人軸に傾きそうになったり、周りの評価を気にしすぎてしまいそうになることもあると思います。実際に僕もそうでした。

でもね、誰かの期待に応えなくても、必要とされる人生は歩めるのです。それは、自分がそう決めればいいだけ。

それはワガママということではありません。自分の人生に責任を取るということ。もし、そんな風になってみたいし、そんな生き方を案内できるような人になりたい。というあなたは、よかったらお話しましょう。

もちろん、あなたがやりたい時に、選択すれば良いですから、じっくり考えて。まずはあなた自身を認めてあげるところからスタートしてみてくださいね。頑張って。

新サービス・無料モニターのご案内

「人間関係力を高めたい」と思っている20代のモニターを募集しています。


3月までの限定企画
(好評につき6月まで延長しました!)です。

あなたの声を、聞かせてください。

喜びの声をもらいました!

「人生を変える7つの準備リスト」

今すぐできる、自分への質問のコツ、考えの選び方、コミュニケーションの仕方などの情報をまとめた7つの事例を無料公開中です。

仕事、人間関係、結婚・出産・・・そんな20代の悩みの原因を明確化し、人間関係を築くことに喜びを感じられるあなたへのヒントをお伝えしています。


人生を変えるための、7つの準備リスト
お名前
メールアドレス

※Apple社アドレス(icloud.com、mac.com、me.com)の読者が不在になることがありますので、それらのアドレスは極力避けてご登録をお願いします。

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらで可能です。

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!