チャレンジするあなたへ。新しいことを始める時の「不安の正体」

1829

新しいことに挑戦することに中々動き出せないあなたへ

何かにチャレンジする。今まで自分が知らないものに一歩を踏み出すということは、とても力がいることです。ちなみに僕はそんなことをもうやり過ぎて、社会的な枠組みから思いっきり外れてしまったため、このような職業をしている背景もあります(笑)

しかし、多くのプロと言われる方は「やってみてあなたは成長する!」「不安を楽しめ!」「自分の殻をやぶるんだ!」というポジティブに成長を促し、海外の写真を載っける人や「ありのままでもいいんです」「どっちでもいいんですよ」と、あなたに選択を促す人がいると思います。

僕はいつも思うんですが、「なぜ不安になるのか」「不安になる仕組み」を教えずに、やるべきことしか言わないこういったプロの人たちってどうなんだろう?と思っちゃうんですよね。

例えば、喋り方が分からない赤ちゃんに対して「喋ってみろ!そうすれば人と仲良くなれる!」と言うか「喋りたいなら喋っていいよ〜」としている。

親身じゃなさ過ぎでしょ!てか我流すぎるでしょ!と突っ込みたくなりますので、しっかりと「不安になる仕組み」をお伝えしたいと思います。

gatag-00009645

不安の正体はズバリ「過去のあなた」

ここでまず引用したいのは、認知療法です。認知療法の世界では、認知というものを、

人間は世界のありのままを観ているのではなく、その一部を抽出し、解釈し、帰属させているなど「認知」しているのであって、その認知には必ず個人差があり、客観的な世界そのものとは異なっている。

それゆえ、誤解や思い込み、拡大解釈などが含まれた自らに不都合な認知をしてしまい、結果として様々な嫌な気分(怒り、悲しみ、混乱、抑うつ)が生じてくると仮定している。

と規定しています。これが不安の正体です。

例えば今、あなたはこの記事をご覧いただいています(ありがとうございます)。

そして僕が「あなたは何があっても、絶対に大丈夫ですよ!」とあなたに語ったらどうでしょうか?恐らく「ん〜でも本当かなぁ?」と思われると思いますが、他にも「何でお前に言われなきゃいけないの?」とか「やっぱりそうだよね!あー良かった」などの「認知の仕方」が異なるんですよね。

この通り、人の判断というのはバラバラです。もし僕の言葉に対してあなたが不安を感じているのであれば、不安を感じやすくそこから卒業しにくいということです

。実は、あなた自ら不安を作って目の前の色んな出来事を判断しています。ではあなたは何を基準にして、僕を評価してくださっているのでしょうか?その基準が「過去のあなた」なんですね。

20130710terrifyingmountainview

どうやって過去のワタシから卒業すればいいの?

では、次の質問が出てくると思います。過去のワタシから卒業すれば、不安も解消されることが分かりました。だったらば、それはどうやって卒業すればいいのか?というところです。

これも「過去を愛しましょう」とか「過去を大好きになって抱きしめましょう」という結果にいきがちです。

過去も「仕組み」ですから、それが分かってから過去を愛したり大好きになることをおススメしますよ。そうしないと赤ちゃんの例で言うと、話し方が我流になってしまい、訛っていたりとんでもないイントネーションを取得することになってしまいます。

過去の仕組みのヒントは脳科学なんですが、今日はこの辺で。

不安を解消して、日々を楽しみたい方に向けたメール講座を書いていますので、そちらもご参考になれば幸いです。

あなたの人間関係力が診断できます

5-10分の質問に答えるだけで、あなたの人間関係の傾向が分かります。

人間関係力診断に答えてくだされば、後日診断書をメールにてお送りします。

診断はこちら

喜びの声をもらいました!

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらで可能です。

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!