2009年、リアルうつ日記⑭そしてまた2度目の休職。

sp-zekkei0404

休みグセが続くあなたに

僕は2010年1月からうつの診断を受けました。そして2010年8月には、もううつになることはないだろうという状態になることができました。とても速いスピードで回復に向かったのですが、うつになる直前・直後・回復の途中は、本当に壮絶なものがありました。

ですが、自分と向き合い乗り越えたことで見える景色がありました。その経験も糧にして、今では逆にそういった方々の心を整える職業をできるようにまでなることができました。

もし、あなたが今うつで悩んでいて、会社に戻りたくないのであれば、ぜひこの記事を読んでみてください。あなたが抜け出す何かのきっかけになれたら私は嬉しいです。

2010年7月 2度目の休職

結局それで、また休職に入るんだよね。何度も何度も自分を見つめたりやっていたんだけど、仕事量が増えてきてしまって、自分を見たりすることも出来ずに一週間走ったことがあった。その1週間がすぎた次の日の月曜日に、また体が動かなくなった。

心が悲鳴を上げているんだと言うことに気付いた。前回と違ったところは、「あぁ、またやっちゃったけど恐らく変えるべきことは分かってきた」ということだった。定期的に通っていた病院にまた行って、休ませてもらった。

先生は「回復傾向なのにどうして?」という顔をしていたけど、職場の状態とか自分の心まではやっぱり、先生だって分からない。結局心が分からない中で専門家も苦労しているんだって、それはそれで絶望だったよ。

休職期間は、合計3ヶ月

僕は、1年目で休んでしまったから、傷病手当金が出るのは3ヶ月間だけだった。1月2月と休んでしまったから、7月が終わればもう自分は「会社を辞めるか続けるか」しかなかったんだよね。

あなただったらどうしますか?

だんだんと回復してきた中で、けれどもやはりこの会社に行ったとしても自分は、結局、同じ状況になる。例えばバネとかも形状記憶ってするじゃない?それと一緒で心も形状記憶するんだよね。

だから習慣って戦うのに相当苦労するのよ。自分は「必要とされない自分」を絶対に認めたくなかったから、その状態をありのまま受け入れることにトレーニングが必要だった。だからね、心理的負担を考えたら、一旦休んだ方がいいかもしれないってその時は思ったんだ。続く。

あなたの人間関係力が診断できます

5-10分の質問に答えるだけで、あなたの人間関係の傾向が分かります。

人間関係力診断に答えてくだされば、後日診断書をメールにてお送りします。

診断はこちら

喜びの声をもらいました!

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらで可能です。

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!