自分を見失いそうになった時の3つの質問

自分を見失いそうになった時の3つの質問

自分を見失いそうになりそうだと感じているあなたは、いつの間にか「自分で発言していることなのに、自分じゃない誰かが発言しているように感じる」ことがあると思います。

言ってしまえば、それくらい相手に合わせる能力が高いということです。

そんなあなたが、見失いそうになるくらい疲れ果てた時、「もう嫌だー!」となったときに、こんな質問をするのはどうでしょうか?という提案で書いています。

この3つの質問はダイアログの際に良くする質問です。

1.相手が言っていることは全面的に正しいのだろうか?

どうしても相手が合っていて、自分が間違っている。とあなたは思いがちです。

イライラしても、ムカついても、悲しくても、結局のところはその意見や指示に従うしかないと思い込んでいます。

そうです。思い込んでいるんです。

その裏には、相手が正しいという風に思っているクセがありますから、そもそも相手だって間違っていることがあるよ!と開き直るでもいいですから、「自分だけが100%悪いわけじゃない」ことを知ってくださいね。

どんな事象でも、その背景には様々な要因が絡んでいますからね。

2.自分は本当に伝えたいことを言ったんだろうか?

1の質問にからめて、です。あなたは本当に伝えたいことを言ったのでしょうか?

今、自分を見失いそうになっているのですから、答えはYESでもNOでもなりえますが、展開は一緒のはずです。

  1. 本当に伝えたいことを言ったら、真っ向から否定された
  2. 本当に伝えたいことが言えなくて、ずーっと相手に従い続けて爆発しそうだ

ということで、相手のものさしが強すぎて自分のものさしを主張したいけれども否定されたり、そもそも主張ができなかったりしている状態です。

本当に伝えたいことを言ったのならば、言ったのですから、それでいいのです。

相手には相手のものさしがあるわけですから、当然意見の違いはあります。

そこからまた、「自分が悪かったのかなぁ〜」と思って「相手に合わせなきゃいけないんだ」と、行動を変える選択ばかりをし続けないでいいんですよね。

3.相手の何が心から嫌だったんだろうか?

最後の質問はこれです。「周りに合わせなきゃ」と思っていますから、相手を否定したらまた怒られると思っています。

だからこそ、自分の思っていることも我慢して抑えがちです。

  • 結局、そうやって言ってくるよね。無視されるよねーそんなもんだよねー
  • ま〜相手にするだけ無駄だからやめとこー
  • 適当にあしらっておくかー

みたいに、普段は思っているはずです。ですが、こうやってハードワークに疲れて、自分を見失った時だからこそ、普段から我慢を蓄積しないように、新しい習慣をおすすめします。

それが、「相手の何が嫌だっか?」を自分自身に出すという習慣です。

我慢して自分でも嫌だったことを抑え込んでしまうので、それを習慣的に出すという事です。

ただ、出した後はスッキリすればいいだけです。別にそれに対して自己嫌悪する必要もないし、「あー出したいから出しているだけだー」というレベルで出せばいいんです。

食べ物で例えるならば、食べた後は出しますよね?そして、出した後は流れていくわけです。流れた先などは気にしないですよね(笑)

中で溜め込めずに、外に出す。シンプルですが、ただそれだけをやってみてください。

まとめ

基本的に、自分を見失いそうになったときは、人間関係が影響しています。

自分が相手をどう思っているのか?その思い込みを一旦吐き出して、冷静になるために、この3つの質問をお贈りしました。

ぜひ、疲れて見失いそうになったときに、活用してみてくださいね!

あなたの人間関係力が診断できます

5-10分の質問に答えるだけで、あなたの人間関係の傾向が分かります。

人間関係力診断に答えてくだされば、後日診断書をメールにてお送りします。

診断はこちら

喜びの声をもらいました!

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらで可能です。

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!