人間関係が辛いけど、相手の可能性を観たいなら、まずやること。

教育に、最も必要な観点

自分が、最も悔しいことはなんですか?と問われた時に、僕自身は真っ先にあげたいこと。それは「相手を無限の可能性で観れなかった時」です。

これを思ったことは、学生時代の時でした。少し背景を語らせてください。

当時、僕は就活で企業に就職する時に、本当に幸せな社会を創る会社に、就職したいと思っていました。だから「幸せな社会にするためには、どうすればいいんだろう?」と考えていました。

さて、小さい頃から、大人は「人と仲良くしなさい」「差別をしてはいけません」と言いますが、大きくなればいじめや、差別は当然のようにある事を分かってきます。

しかも、国でもメディアでも、まるで、それを支援しているかのように(真実は分かりませんが)、嫌韓や嫌中を盛り上げているようです。

また、学生時代に、地方議会議員の方々と多く接する機会があったのですが、自分とは違う党や国を、馬鹿にするような態度で接してくる人たちに、僕は怒りを通り越して、悲しくなったことを覚えています。

本当に、世界は矛盾だらけだ。国益と言葉では言いながら、自分のことを守ってばかり。それを見れば見るほど、諦めたくなりますし、同時に相手を馬鹿にしたくなります。だってそのほうが、自分を守れるし簡単だから。

でもその諦める行為って、「正直者が馬鹿を見る」世界を、助長しているわけですよね。ほらな、お前もやっぱり差別するだろ。俺と一緒じゃねえかって。そんな事、無理なんだよって。

無限の可能性を観たいなら、諦めない決断をすること。

じゃあ、どうすればいいんだよ?と思いますよね。僕もその壁にぶち上がる事が何度もありますが、その時その時に、相手の可能性を諦めないのかどうか?ということを、自分で選択していくことだと思います。

そう、相手の可能性を観続けることへ「諦めない決断」をすることから、無限の可能性との出会いが、始まります。僕自身も「人間の可能性を、諦めない」というテーマで、日々を生きています。

例えば職場でも、失敗続きのあの人を観ていると、もう仕事を、頼むのをやめようかなと思う時があるかもしれません。だからと言って、その人は、人間的にいけない人ではありませんよね。

それを分かりながらも、無意識に、その人を否定していませんか?それが「可能性を諦めている証拠」なんです。どの会社にも、どの家庭にもはびこっていますよね。

僕が出会いたい人は、この文章を読んでくださり、深く共感してくれたあなたです。

そんな決断をすると、周りからの姿勢は、厳しいです。「そんな事を言っておいて、お前はどうせダメなんだろう?」と足を引っ張られます。

じゃあ、全ての人と付き合って、全ての人との無限の可能性と出会えばいいのかよ?となりますが、あなた自身も身体は1つですから、全ての人と出会えませんよね。

だから決断を通した、行動指針の元、会いたい人と、出会っていけば良いのです。

色んな事を、あなたの深い想いも汲み取らず、好き勝手に言ってくることもあると思います。でも、その言葉も宝です。

とにかく、その諦めない決断をし続けること。そして、そんな諦めない決断をしている、仲間と一緒にいること。

そうしていくことで、出る杭は打たれなくなり、本当の個性が確立されていくんだと思います。

人間関係が辛いけど、相手の無限の可能性を観たい。そう思っている時点で、本当に素晴らしい資質と思います。

しかし、その想いを持っていても、曖昧なままですので、コピーも出来ませんし、具現化していかなければ意味がありません。

そう、人間の可能性を諦めないための、道具が必要です。だから私はメタ認識技術・無限の可能性を観る技術を道具に、人と出会っています。

新サービス・無料モニターのご案内

「人間関係力を高めたい」と思っている20代のモニターを募集しています。


3月までの限定企画
(好評につき6月まで延長しました!)です。

あなたの声を、聞かせてください。

喜びの声をもらいました!

「人生を変える7つの準備リスト」

今すぐできる、自分への質問のコツ、考えの選び方、コミュニケーションの仕方などの情報をまとめた7つの事例を無料公開中です。

仕事、人間関係、結婚・出産・・・そんな20代の悩みの原因を明確化し、人間関係を築くことに喜びを感じられるあなたへのヒントをお伝えしています。


人生を変えるための、7つの準備リスト
お名前
メールアドレス

※Apple社アドレス(icloud.com、mac.com、me.com)の読者が不在になることがありますので、それらのアドレスは極力避けてご登録をお願いします。

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらで可能です。

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!