「自分は必要とされない」のは、自分が超重要人物だと思いたいから

「自分は必要とされない」のは、自分が超重要人物だと思いたいから

こんにちは、西勝です。

お仕事がうまく行かなかった時に、あなたはどんな事を思いますか?自分はこう思います。

こんなにもフォローしたくせに、恩を仇で返すとは何事か!人に非ずだな。

これくらいの激しいことを思います。。。皆さんはいかがですか?

本当に腸が煮えくり返るくらい腹が立って、「どうしてこんなにもあの人は、馬鹿なんだろう?」「最低なヤツなんだろう?」と一生懸命相手を否定したくなるわけです。

いやいや、お前にも非があったんじゃないの?とか、そういうことは無視です。

とにかく1000%向こうが悪いと言わないと、自分の腹の虫が収まりません!!

我慢していませんか?

兎にも角にも相手を否定したくなる。

そんなときは、うまく行かなかった仕事周りの人間関係を振り返ってみてください。

我慢していることが往々にあるのではないでしょうか?

  • フォローをしているのに、期待通りの反応がない
  • いつも気にかけているのに、その事に気づいていない
  • 勝手に会話をシャットダウンされる
  • 勝手に決めて、勝手に申し出をされて、勝手に離れていく

こんな状態になったなっていませんか?

もう我慢ならない!という状態ですね。

更に「自分は必要とされていない」と自分不要論が出てくる

こんな出来事が目に入ったら、あなたはもっと考えていきますよね。

  • どこまでやっても自分の価値なんかないんだ
  • 自分はどこにいっても必要とされていないんだ
  • 自分なんて生きる価値もないんだ
  • やっぱり自分なんてミノムシ以下だ

こんな風に思っていませんか?

そして更に「自分不要論」を展開していませんか?

「自分を必要としてくれる人」を探す

それをし続けると、何を感じているのでしょうか?

  • 誰かに助けて欲しい
  • 誰かが助けてくれるはずだ
  • 自分の事を必要としてくれる人が現れるはずだ
  • 誰か自分の事を見つけ出して!

なんていうことを感じていませんか?

健気にも、「自分を必要としてくれない」と思いながら「自分を必要としてくれる人」を探す旅にでかけますよね。

必要とされてないワケがない

ちょっと考えてみてください。

仕事上でも、打ち合わせで色んな意見を交わしたりします。

あなたがいるから、進んでいる仕事もあります。

ちょっと考えれば分かることです。

必要とされていないワケないんです。

すでにあなたは超重要人物なんです。その自覚だけです。

それでも、「失注した」「指導された」などの出来事があった瞬間に、「自分は必要とされていないんでしょ!」「必要としないお前が悪い!最低だ!」と、あなた自身が「思い」を選択しているんですね。

相手の必要度と自分の必要度は違う。

あなたは、「きっとあの人は、これくらい必要感を感じないとダメだろう」なんて思っているかもしれません。

しかし相手にとって、あなたを必要だと感じているポイントも違えば、その比重も違います。

自分と相手の必要度は全く違うんです。

だから、「自分は相手にこうしてあげたいからここまでやったのに!」とご自身の想いを振りかざしても、相手には「おお、そうなん・・だ」と合わせてくれたり強引に引っ張られたりするものの、響いていないことが往々にしてあります。

「初めはいい関係性だったけど、知らず知らずに、あなた自身が勝手に空回りしていた」みたいな。笑

自分が超重要と思っているから、必要とされないことに敏感

更に言うと、「自分がこんなに頑張っているのに(私はこんなに重要なのに)あなたは無視するんだね」という状態ですよね。

つまり、自分自身が超重要って思いたいんです。でも、本当は思ってない。だから「私はもっと認められるべき、もっと私を褒めるべき」っていつも思っています。

え?それの何が悪いの?と思いますよね。例えば仕事のシーンでこんな事あったらどうでしょう?

あなた「Aさん、C社の提案なんですけど、絶対に明日までに終わらせないと、先方は喜ばないと思うんですよね!」

Aさん「え、先方はそう言っていたんですか?」

あなた「いえ、言っていませんけど、絶対そうだと思うんですよ!担当の方から強く握手されて“頼りにしてます”って言われたし、この前も早かったら喜んでいたので!」

Aさん「確認してないんですよね?他の急ぎの予定もあるじゃないですか?なんであそこだけなんですか?」

あなた「いやいや、あそこ重要じゃないですか。C社の数字、落としちゃダメだ!って課長も言ってたし」

Aさん「課長はいつでもそう言うじゃないですか・・」

あなた「(面倒くさいなぁ。頼もうと思っていたけど、もういいよ!)じゃあ私がとにかく明後日までに終わらせますので、他の案件少し遅くなるかもです」

Aさん「あ、はい・・(他の案件もあるのに、大丈夫かなぁ。。)」

自分が必要とされてない、自分をもっと必要として欲しい!と思う人は、こういった自分の思い込み(相手からみたら無理難題)を強引に通そうとしていきます。自覚は恐らくないかと思いますが・・

どうですか?やり取りを見て、こういう人と仕事したいですか?

1人で営業とかで仕事取ってこさせるのはいいけど、チームプレーとなると難しいなぁって感じですよね。

まとめ

「自分は必要とされない」人は、自分の事を超重要と思いたいという事を書きました。

相手を否定したり、自分を否定しながら永遠に「自分は必要とされない⇔自分は必要とされる」のループを繰り返しています。

この状態では、一生自分が必要とされていると永続的に感じることはありません。。

そこから出てくる弊害として、コミュニケーションが成り立たずに個人プレーに走ることです。

もちろん長所もあります。強引さで押し売りが出来るという所です。

どうして、こんなにストレートに書いているの?というと、まさに私自身がそうだからです(笑)

もう本当にね、気づいたらエモーションバリバリで進んでしまいます。

断っておきますが、この特性を持っている人は、いい面・悪い面どっちもあるんです。

ですから悪い面も良い面も、自分で理解しながら使っていくために、「自分は必要とされていない」と感じているあなたは、まずは「実際本当にそうなんだろうか?」と振り返ってみることが大事です。

そう、超重要なんですよ。その自覚だけ。

そして是非、恥ずかしい想いをしてください。

「あぁ〜人の事考えているとかいって、自分の事しか考えてねぇ!」と思った時に、次のステップが見えてきますよ。

私もそんなふうにして、人をマネジメントする仕事をしています。

うっわー何か胸のあたりがチクチクする!と思ったあなたは、会ってお話したら、そのチクチクが解消されますよ!

ハートトラベラーからのご案内

新サービス・無料モニターのご案内

情報が洪水のようにあふれる現代社会、個々人の考え・感情を出して、整理する1 on 1の60分対話を用意しました。

現在、無料モニターを募集中です。

あなたの声を、聞かせてください。

喜びの声をもらいました!

「人生を変える7つの準備リスト」

今すぐできる、自分への質問のコツ、考えの選び方、コミュニケーションの仕方などの情報をまとめた7つの事例を無料公開中です。

仕事、人間関係、結婚・出産・・・そんな20代の悩みの原因を明確化し、人間関係を築くことに喜びを感じられるあなたへのヒントをお伝えしています。


人生を変えるための、7つの準備リスト
お名前
メールアドレス

※Apple社アドレス(icloud.com、mac.com、me.com)の読者が不在になることがありますので、それらのアドレスは極力避けてご登録をお願いします。

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらで可能です。

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!