本当にやりたいことを見つけたいときに、聞いた方がいい、たった一つの質問。

やりたいことを探すのは、どうして?

どうしても、周りのことが気になってしまい、職場や大学院の研究室で、他人と比較をしては、自分自身できていないところに、目がついてしまって自己嫌悪したり、真面目すぎて人に合わせちゃう。

そこに嫌気がさして、本当に自分のやりたいことを、見つけて、自分らしく充実感を持って、毎日を過ごせるようにしたい。

というご相談がありました。あなたは、いかがですか?そんなこと、ありますでしょうか?どうしてみんな、本当にやりたいことを、自分が本気でやりたい夢を、描いて実践したいと思うのでしょう?

その理由は。

誰もが自由になって、思いっきり挑戦したいから。

ぼくの好きな言葉に、「イマジネーション」という言葉があります。イメージの力、本当にすごいんです。

そう。結局イマジネーションが、自分の全てを作っているわけ。だからこそ、自分が何者で、社会がどんな状態で、何をすべきなのか?

そんな「ビジョン」が、イメージできた時に、人は、それに向かい走り出すんですよね。

ビジョンがボヤッとしていたら、蛇行運転を繰り返すわけです。しかもそれが通常運転だから、今、蛇行運転なのかも分からないというオチ。

結局、自分がどうして、やりたいことが見つからずに、どんな教育の結果で、今の自分になっているのか?という、

「原因」に、アクセスをせずに、「何を」やるかという「結果」に、アクセスするから、就職しても、転職しても、新しいことにチャレンジしても、「あれ、またイメージしてたのと違う?」と、なるんですよね。

あなたも、そんな経験はありませんか?

イメージの「出発」が、固定されていたら、結局固定された結果になる。そのことを忘れずに。

やりたいことを見つけたいなら聞いておいた方がいい、1つの質問

やりたいことを見つけたいというあなたへ。「本当にこれがやりたいのか?」と、思った時に、これを聞いてみてください。

「それをして、絶対に周りの人が幸せになる確信がある?」

「今はすべての人がNoといっても、自分はやりたいから突き進む覚悟はある?」

ちゃんとこの質問に対して、「誰もが納得する理由付き」で答えられるなら、そのことは本物です。間違いなく道はあります。

それ以外は、まだ自分や社会を見切れてない。つまり偽物なんですよね(ーー;)

偽物は世の中にたくさんありますが、それで動いていても、僕はいいと思います。今、その人にとっては、それが必要なことなのだから。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!