【中間管理職・上司と部下の板挟み】福岡・社会人9年目・Mさんのケース

【中間管理職・上司と部下の板挟み】福岡・社会人9年目・Mさんのケース

今回は福岡の女性、Mさんとオンラインサロンをしました。

最近、課長となったMさんですが、ある悩みがありました。

  • 希望の部署で課長になったわけではない

ということです。

ご自身の希望とは異なる業務を任されるようになったMさん。

組織の中で働くサラリーマンなら、よくあることですよね。

なので、「そこに関しては数年我慢して、また希望の業務に戻ろうと考えている」とのことでした。

しかし、話を聞くともう1つの悩みが出てきました。実はこれが大きかったんです。

今回は、そんなMさんの板挟み状態のケースを、お客様の声としてご紹介します。

上司が部下を守らない

個人情報もあるので、具体的な出来事は言えませんが、上司がOKを出した内容にも関わらず、ある会議で部下のMさんのミスとして取り上げられたそうです。

もちろんMさんは、その後に挽回したそうですが。

その時の上司に対する気持ちとして「どうしてこの人は、こうなんだろう?」と流石に考えたとのことでした。

部下に慕われるMさん

周りの部下であるパートの年上のお姉さま方も、このような状況なので上司の事は毛嫌いしている様子。

そのため、上手に立ち回っているMさんの方に期待を寄せている状況。

もちろんMさんは仕事はしっかりやりたいので、距離は保ちながらやっていく意向があります。

しかし、話しているうちにあることに気付いたMさん。

それは「そんなに自分が頑張らないでも良いのではないか?」ということでした。

客観的に見ていると、仕事の量だけではなく、コミュニケーションの質や社内の雰囲気を保つなど、見えない所で相当な貢献をしています。

しかし、中々自分の事はわからないもので、吐き出してようやく少し客観的になって見れたと言っていました。

話しているうちに気付いていく「こんな事思っていたのか」

「そんなに悩みは深くないけど・・」と言いながらも、出してくださったMさん。

しかし、出してみるとやはり人間関係の悩みに行き着きます。

90%以上の方は、話を聞いていくとそこにたどり着くんですよね。

更には、客観的にみたら「それ、頑張りすぎでしょ」と思うし、そう言われたとしても「いや、私は頑張らないと」と頑張ってしまうMさんでしたが、自分で吐き出して客観的にみた時に「頑張ってるじゃん」と気付いたところが大きかったようです。

Mさん自身も、「自分が考えている事を出し切ることで、自分に落ち着きを取り戻せた」と言っていました。

感想はこちらです!

どれだけ達観した人でも、自分の事は自分ではわからない

Mさんは社会人9年目にして課長職に就くという、とても優秀な方です。

しかし、どれだけ仕事ができる方でも、自分の事を客観的にみるのは不可能です。

ハートトラベラーは「心を自由に飛び回る」ライフスタイルを標榜していますが、それに必要不可欠な要素は「自分自身を客観的に把握する観点を身につける」事です。

これは誰でもできますが、絶対に1人では身につきません。

30代の方は、役職が上がったり部下ができたりと、自身の責任範囲が変わってくるタイミングです。

マネージメントの要素が入ってくると、ますます人間関係は外せない状態になります。

そんなタイミングのときだからこそ、自身の考えの棚卸しをし、部下や上司とのコミュニケーションが円滑になるための、「心を自由に飛び回る力」を身に着けてみることをおすすめしますよ。

Mさん、ありがとうございました!

ハートトラベラーからのご案内

新サービス・無料モニターのご案内

最高に上質な時間を、あなたに。3月までの限定キャンペーンです。

喜びの声をもらいました!

「人生を変える7つの準備リスト」

モヤモヤした20代の毎日から、内面から自信感を持ちながら30代に向けて歩める私になるには、何から始めれば良いのでしょうか?

今すぐできる、自分への質問のコツ、考えの選び方、コミュニケーションの仕方などの情報をまとめた7つの事例を無料公開中!

仕事、人間関係、結婚・出産・・・そんな20代の悩める将来を、未来を自ら獲得し、周囲から一目置かれる30代へと導くためのマニュアルです。


人生を変えるための、7つの準備リスト
お名前
メールアドレス

※Apple社アドレス(icloud.com、mac.com、me.com)の読者が不在になることがありますので、それらのアドレスは極力避けてご登録をお願いします。

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらから^^

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!