「人に合わせるのが面倒くさい」人ほど、実はゴーマンです。そのメカニズムを解明!

「人に合わせるのが、面倒くさい」の裏側

人に合わせるのが、面倒くさい人!

と言われ、思わず「はいっ」と、手をあげたくなったら、続きを読んでみてくださいね。

私は合わせてやってるんだから、いい加減、私を認めろ!という思いが、出ませんか?

なぜ、人に合わせるのが、面倒くさいのでしょうか?面倒くさい!となってしまっている人は、大抵、「相手のことが分かった気」に、なっています。

いや、でも、おこがましいかもしれないけど、人よりは人のこと、見れちゃうのよ、私!なんて声が聴こえてきそうですね。そうだと思います。だからこそ、

合わせておけば、納得して楽しんでくれるんでしょ〜(バカだな〜騙されててwそれよりも、こうして合わせてる私、すごくなーい?)

なんて、腹の底では、思っていませんか?その底で思っていること、どうやって処理してます?

いや、だって、誰もわかってくれないしー。

自分で処理するしか、ないんじゃないの?仕方ないけど

と、なりがちです。でも、もしですよ?もし、こういった話も、一緒にできて、共感をしながら、自分も相手もより建設的に、変化を起こせたらどうですか?

えー。面倒くさい?あなた、かなり人に対する不信が出ますねぇ。。でも、そういったものも、含めて、一緒に、自分の不信や不安も、構造的に取り除いていけたら、最高ですよね!

(えー、めんどい。本当にできるの?)

なんて、思ってるかもしれません。では逆に聞きますが、自分の不安も、不信も、根本的に取り除きたいですか?

取り除きたいんですよね。そりゃあ、そうなんです。でも、「今までは」やってこれなかった。という「過去」に負けてしまう。

大事なのは、今ココです。

過去も「仕組み」で理解して、人に合わせていても、認められていなくても楽しい!そんな自分に、変化できますよ!

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!