職場の人間関係のイライラが和らぐ、3つの質問

職場の人間関係のイライラが和らぐ、3つの質問

職場のストレスに最も影響が強いのは、「人間関係」

こんにちは。西勝です。今日は「人間関係のイライラを和らげる」というテーマで進めていきます。みなさんは、職場でのストレスを感じたことはありますか?

ない方って、ほとんどいないですよね(笑)私も小さな会社ですがストレスを感じます。何に感じるかというと、やはり人間関係です。

さてここに、職場のメンタルヘルスに関する意識調査を、正社員5,000人に行った結果があります。抜粋しますね。

2.年齢別では、20歳代~30歳代前半で特に強いストレス状態にある割合が高い

年齢別に強いストレス状態にある割合をみると「20歳代後半」が最も高く20%が「しばしば」以上の頻度と回答しました。それ以降、年齢とともに割合は減少していく傾向が見られました。
また、「大体いつもあった」と、より深刻なストレス状態にある割合が最も高いのは「30歳代前半」で約6%でした。


3.職場・仕事のストレス原因として16項目抽出。最も影響が強いのは「職場の人間関係」

ストレス反応の強さと会社、職場、仕事、上司要因との関係を検討するために、重回帰分析を行ないました。
その結果、有意な説明変数として16項目が示されました。

最も関係の強かった項目が「職場の人間関係」です。
続いて、目標や責任が重く、能力を発揮できていない等の「仕事の質」に関する項目、「会社の将来性」、仕事のために家庭や私生活を犠牲にしている人が多い職場(ワークライフバランス)といった「仕事の量」に該当する項目が並びました。
ここで抽出された項目に関して、職場や会社が適切な状態になるようマネジメント・配慮することが重要と考えられます。

【調査】職場のメンタルヘルスに関する正社員5,000名の意識調査結果を公表

この結果をみて、あなたはどう思いますか?どの世代でもストレスはかかっていますが、水も上から下に落ちていくように、ストレスも、上から下へと落ちていきます。そのため、20代〜30代といった下の世代がストレスが溜まっているのは、納得の結果です。

さて、そんなストレス社会の中で、職場の誰かに言われた一言に、落ち込んだり怒ったりする経験は、誰でもあるでしょう。そんなストレスと向き合って、和らげるための3つの質問をお贈りします。ぜひ、質問に答えてみてくださいね!

ストレスとは、あなたを動かすエンジンである。

先に、ストレスがうまれる背景を話していきます。例えば下敷きをイメージしてください。下敷きを少し折ろうとすると、曲がって、また元の形状に戻ろうとしますよね。

しかし、思いっきり折ろうとしたら、下敷きは真っ二つに割れてしまい、下敷きとしての機能を果たしません。

振り子のように、ある程度の負荷がかかると、戻る力が働きますから、その分動くこともできます。「なにくそ!」という根性も、こんなイメージで受け取るとわかりやすいです。

ですから、ストレスはあなたを動かせるエンジンでもあります。しかし、曲がった下敷きのように、ストレスを抱えたまま働いていると、ずっとイライラしたまま仕事をして、時に凹んで機能不全・・なんて事が起きます。

ですから、そもそも、負荷をかけなくても、あなたは動くことができるということを、自覚していけば、ストレスなんて溜めなくても動けるようになります。

そのための3つの質問を用意しました。

1. どんな出来事にイライラしたんですか?

まずはイライラした出来事を書いてみましょう。なるべく事実に近づけて書いてみてください。「上司に締切の期限をイライラされながら言われた」というのは、事実と思い込みが混ざっています。

ですから「上司に“この資料、いつ終わるの?”と言われた」という客観的な出来事を書いてみましょう。イライラした出来事を何個も上げてみて、これ以上ないなと思ったら次にいきましょう。

2. その時、あなたは、相手からどう思われているんだ、と思いましたか?

1つ1つの出来事に対して、あなたはどんな気持ちになりましたか?また、相手からどう思われていると思ったのか、という事を書いてみましょう。

例えば「上司から、仕事できないやつ・勝手に優先順位を決めてくるやつと思われているんだ」という感じです。

「こう思われいるんだ」という内容までは書けなくて、とにかくイライラしているんだよ!という方は、まずは気持ちを思いっきり吐き出してみてくださいね。それだけでもスッキリしますから、全開で出し切っちゃいましょう!

その後に、相手からどう思われているんだ、ということも出してみてください。それが終わったら、次にいきます。

3. 実は、そんな風に思われていないです。どうしますか?

例えば「どうせ私は嫌われているんだ」「どうせ仕事のできないやつって思われているんだ」とあなたが思っているとします。

実は、そんな風に思われていないです。そうじゃない経験だって、たくさんしているでしょう?その経験を思い出してみると、意外にも極端に「私はどうせ●●なんだ」とおもっていませんか?

人間関係のストレスって、この「どうせ私は●●なんでしょ?」というところから始まっています。「そんな事ないのに」「どうせそうなんだ」という揺れ動きが、ストレス(エンジン)の原因でもあるのです。

まとめ:負荷をかけなくても動ける

ということで、別に「どうせ私なんて・・」と思わなくても、あなたは自然に自由に、人間関係を築くことができます。しかし、あなたの年齢分だけ使用してきた、あなた独自のストレス生成方法がありまして、それをずっと使い続けているから、それ以外の動き方がわからないというわけです。

このような、自分のイメージを外すような質問を通して、職場のイライラを和らげられるようになりましょう。そんなライフスタイルのサポートを、私たちもしたいと思っています。

ハートトラベラーからのご案内

新サービス・無料モニターのご案内

最高に上質な時間を、あなたに。3月までの限定キャンペーンです。

喜びの声をもらいました!

「人生を変える7つの準備リスト」

モヤモヤした20代の毎日から、内面から自信感を持ちながら30代に向けて歩める私になるには、何から始めれば良いのでしょうか?

今すぐできる、自分への質問のコツ、考えの選び方、コミュニケーションの仕方などの情報をまとめた7つの事例を無料公開中!

仕事、人間関係、結婚・出産・・・そんな20代の悩める将来を、未来を自ら獲得し、周囲から一目置かれる30代へと導くためのマニュアルです。


人生を変えるための、7つの準備リスト
お名前
メールアドレス

※Apple社アドレス(icloud.com、mac.com、me.com)の読者が不在になることがありますので、それらのアドレスは極力避けてご登録をお願いします。

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらから^^

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!