行動習慣が身につく人と身につかない人の、たった1つの違い

行動習慣が身につく人と身につかない人の、たった1つの違い

100人以上の伴走をして、わかったこと

のべ1,000人以上のセッションをしているのですが、3ヶ月以上、コアに携わった方は100人くらいかなと思います。プログラムを受けていただき、急激に変わる方と、まぁまぁ変わる方と、むしろ抵抗する方、3パターンに分かれました。

そんな経験から、行動習慣が身につく人と身につかない人のたった1つの違いが何なのか?という事を分解していこうと思います。もしあなたが、変化をしたいと思っているならば、ご自身が本当に変わりたいのか?という事をこの記事を通して見てみてくださいね!

素直か、頑固か

もう言われ尽くしている言葉ですが、自分なりの回答は「素直か・頑固か?」ということです。あーそうなんだ、で納得する方はこれで別の記事をご覧ください。

じゃあ素直って何?頑固って何?その基準は何なの?ということが聞きたい方は次にいきましょう。

素直と頑固の違いは「今までの習慣を手放せるかどうか?」にかかっています。実は行動習慣は、習慣を変化させる5つの流れの、4番目に当たります。

1番目から順序よく習慣を変化させていく必要があるのですが、それを無視して、行動習慣だけを変えようとするから、変にチカラが入ったり、自己流になってしまうのです。

ちなみに、3番目の習慣だけここではお伝えします。それは、思考の習慣です。例えば、帰り道の電車で好きなアニメをみないと落ち着かない人。家に帰ってビールが無いと落ち着かない人。そんなあなたは、「アニメをみる」「ビールを飲む」という行動習慣が確立されています。

それも「アニメ見よ〜」「ビールのも〜」と考えが働かないと、行動になりませんから、思考の習慣が確立されている、というわけです。

行動習慣を変えにくい人は、思考の習慣が固く、新しい行動習慣の提案に対して「そんな事やっても意味ないじゃん」「どうせやったって無駄だよ」というマイナスの感情や考えを蓄積しています。

そして、変わりたいと言いながら、自分の思考の習慣を用いて、変われない習慣をずっと続けます。だから新しい行動を受け入れられず、頑なに自分の今までの思考習慣を手放さないのです。

思考の習慣よりも前の習慣って?

それに関しては、ぜひメール講座をご覧ください。何の習慣か?ということは掲載されていませんが、ヒントのようなモノが散りばめられています。

ちなみに、ここまでの話を聞いて「いやぁ〜ワタシ頑固だわー、変わりたいとか言いながら、変わる気ないわ〜アハハ」なんて思っている方、頑固じゃありません(笑)そんなあなたは、こちらのRe-Startセッションでなぜ変わる選択ができないか?という明確な理由を知りましょう。その準備ができていますので。

どちらかと言うと、ふーん、自分は行動習慣を変えて変わったけどね。と、密かに思っているあなたに、メール講座はご覧頂ければ嬉しいです。何かのきっかけになっていただければ嬉しいです。

喜びの声をもらいました!

最新情報はLINE@で!

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。まずは気軽に相談したい方もこちらから^^

 
友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!