「中庸」「ありのまま」のワナ

最近は1:1だけではなく、3人や4人で、集団セッションのような事をして、お互いの思い込みに気付きあうようなチームプレーを楽しんでいるのですが、そこで出た話が面白かったので、シェアしますね!

何かというと、「中庸」「ありのまま」のワナです。

最近は色んな成功哲学でも、「中庸」の良さを語りますね。

◯でもなく、×でもなく、「中庸」がいいですよね。という風に。

しかし僕は、「中庸」を提示すれば逆に、境界線が増えて苦しくなりませんか?と、提案します。

ちょっと一緒に、考えてみてほしいんです。

そもそも、◯があるから×が出現しますね。×があるから◯が出現しますよね。

つまり、◯と×の境界線があるから、◯と×が生まれているんです。さらに考えてみましょう。

「◯でも×でもない」という、「中庸」という名の、境界線を引いていることなんですが、「◯でも×でもある」と、「◯でも×でもない」が出てきました。

これ、逆に境界線が増えてませんかね?

概念が発生した瞬間に、裏が発生します。「中庸」が出たら「中庸じゃない」が出ます。

そうやって境界線を引き続けていけば、自分の判断基準がどんどん狭くなりますね。

© 2014-2017 HEART TRAVELER

これが二元論の限界です。

いくら良さげな概念を、発生させたとしても、かならず裏が発生してしまいます。

オモテウラ関係から抜けられてないのに、「中庸」「ありのまま」なんて、聞こえのいいこと言ってる事は多いですが、「そこに再現性はありますか?」と、聞いてみてくださいませ。

もしあなたが、「◯も×もないんだけどね〜」と言っているならば、「◯も×もない」と「◯も×もある」という、二元論を展開している事です。

だからこそ、明確な定義が必要です。本物の「中庸」とは何でしょうか?

実はそれを知る事が、あなたの中にある、境界線を消すスタートラインです。

【メール講座】本質的限界を知ることで、コミュニケーションは変わります。

「話すのは得意だけど、人間関係を築くのには自信がない」というビジネスパーソンへ。

まずは人間関係の限界を感じる7日間を過ごしてみませんか?気になる方は画像をクリック

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!