【始まりと終わり】「ここまで」を決める重要性。

始まりと終わり、明確にしてますか?

こんにちは。いつもホームページをご覧下さりありがとうございます。西勝です。

久しぶりの雑感記事です。皆さんは、仕事やプライベート、なんでも「先延ばし」「あいまい」にするくせってありますか?

仕事も今日中にやろうと思っていた事を、締切はまだ先だからと先延ばしにしたり、プライベートでも結婚を迫られているのに、いつまでに答えを出すか曖昧にしていたり。。

いやぁ、僕自身がそういう特徴を持っているので、日々戒めながらやっています。

時間を味方につけよう

何十年も生きていますから、時間を区切って、終わりを明確にしなければ仕事の質も、人生の質も変わって来ることは、みなさんもおわかりですよね。継続は力なりと言いますが、独立して3年目にして少しずつ実感しています。

心が揺れ動くことがありましたが、心を定めて夢に向かって期限を決めて進めていくことって、本当に大切なんだなぁと思います。

正直、人間って決められる方が楽だったりします。古くから王と奴隷・社長と従業員・・というように、従うDNAのほうが多くの人に刻まれていますからね。少なくとも、自分はそういう人間でした。

本当かなぁと思うあなたへ。例えばあなたが今、1年間、全部自由時間だよってなったら、1時間を使ってすぐに予定が立てられますか?それも詳細に。

何かを決めるっていうのはそれだけ頭も使うし、いつもいつも決断をし続けることなんですよね。だから、時間を味方につけて「ここまで」を決めることだと思います。

終わりがないと、始まりがない。

最近思ったことがあって、僕の家族にある事件が起きたんですね。大変ハッピーな事件ですが僕にとっては身の引き締まる事でした。もっと、頑張らんとなと。

そうすると、何かしら自分の“無駄な思考”とかを、もう終わりにしようと思います。しかし、もう終わりにしよう、もう終わりにしようとしても、結局“無駄な思考”は、ダラダラと続いていました。

しかしそのキッカケがあって、決めたんですね。すると心がスッキリしました。「ココまで」と決めることは、実は勇気や情熱・意志が必要だったということに気が付きました。

決断の瞬間も同じこと

例えば、セッションを受ける・受けないといった決断の瞬間も同じことなんだなと思います。何かを取る時って、何かを失います。それは新しい事をやるわけですから、別のことに費やしていた時間や、お金も失います。

そして、手放すと同時に新しいモノが入るんだなぁと思います。

結局の所、こうした決断の意志の力をあげて、よく言う原理原則で生きていくのは、自分自身が常に今までの自分をよりバージョンアップする、過去を手放す決断をし続けることなんだと思いますね。

だからこそ、1年後・3年後・5年後の「ここまで」を決めることが実は目標であるのだと今になって実感と共に噛み締めています。先延ばしの心がどこかにあれば、それは目標にはならず願望で終わってしまうんですね。

まとまりのない文章でしたが、雑感ということで広い心でお許しくだされば幸いです。



【無料メール講座】逃げたい毎日を変えるには、あなたの“悩み体質”を知ることから。  

作れる!



【限定10名・体験セッション】自信がない。仕事の人間関係に疲れた。でも、何とかしたい!そんなあなたへ。
7月体験セッション満員御礼!8月先行予約を受付中。


◯こんな方にオススメです◯
*生きる意味が分からなくなる時がある。
*相手に合わせすぎて、自分が何をしたいのか分からなくなる。
*やりたい事をやっているつもりでも全然満たされない。どうしていつも自分はこうなのか、知りたい。
*こんな自分から、心からスッキリできるようになりたい!



体験セッション


他の記事もいかがですか?
【今の自分を、変えたい方はコチラ】

休職から復帰する

止まらない逃げグセを終わらせる

本当の自信をつける

夢を見つける

【周囲や社会とのコミュニケーションを、実践的に変えたい方はコチラ】

職場の人間関係を円滑にする

パートナーを見つける・家族と仲良くなる

夢を叶える

社会問題を解決する

【セッションを受けた方の声はコチラ】

セッションを受けた人の声



【新・無料メール講座】5年後の未来に向けて、準備をしませんか?  




他の記事もいかがですか?
【今の自分を、変えたい方はコチラ】

休職から復帰する

止まらない逃げグセを終わらせる

本当の自信をつける

夢を見つける

【周囲や社会とのコミュニケーションを、実践的に変えたい方はコチラ】

職場の人間関係を円滑にする

パートナーを見つける・家族と仲良くなる

夢を叶える

社会問題を解決する

【セッションを受けた方の声はコチラ】

セッションを受けた人の声

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!