巷で噂の「コーチング」の誤った理解と実践3選

Coaching-003

道具が良くても、使い方が分からなければ宝の持ち腐れ

大学では教育学部にいるんだけど、人の人生を応援したいから、頑張ってバイトして高いお金はらってコーチングを学んだ。

資格までとって、これから学生のお客さんが欲しい。でもいざやってみると「何か、きもちわるい」と言われる。。なんで?ちゃんと手法に合わせてやっているのに。。

そんなあなた。すごい頑張ってますね。学生の中でもピカ一なんでしょうが、おしい!コーチングの本質、そこじゃないんですよね。

コーチングの初心者やコーチングをやってみようという方で「コーチングってこういうものでしょ」と考えているのを「そうじゃないですよ〜」と、Yシャツの第一ボタンをかけるような、プレゼントをさせてください。

01

1.「質問すればいいんでしょ」

ノーです。確かにすればいいんですが、ボタンの1.5列目をかけてる感じです。質問を「する側」と「される側」の立場に分けられて始まれば、どちらもやることが固まって、なんかきつく感じます。

プレステで格ゲーしてるとしましょうか。(注:プレステとは、プレーステーションというゲーム機です。お父さんお母さん、最近の若者は略語ばかりでごめんなさい)(注2:格ゲーとは、格闘技ゲームのことです。お父さんお母さん、最近の若者は略語ば・・以下略。また略してごめんなさい)

もとい。プレステ格ゲーなう。として。○ボタンと×ボタンが、それぞれ単発でキックしたりパンチしてる感じです。強烈なキックできるけど、パンチができない。逆もしかりという感じ。

でも、○ボタンや×ボタンくんたちは、「ゲームをクリアする」という共通の目標があります。それを元に、お互いのボタンを活かしながら、達成しますよね。

コーチングもそれが大前提。仕事だけに限らず学校でも家族でも協力して何かしますよね。その時に、コーチをする側と受ける側がおんなじ立場で、お互いのもってるものを、十分に活かし合いながら、なにかの同じ目標に一緒に向かうのです。

なので、コーチングに必要なスキルって実は、「僕たちおんなじ立場だよ〜がんばろ!」という風に、心を1つにして相手の人生を応援する能力です。

ist2_6353116-checkboxes-agree-or-disagree-with-pencil-in-hand

2.「肯定すればいいんでしょ」

これも残念、ノーです。結局これもどう肯定するかが大切です。コーチとは「馬車」といって、「大切な人を、その人が望むところまで送り届ける」という意味があります。

つまりコーチは、相手の「一人でできるもん!」という想いを待って、「○○がしたいんだもん!」という行動に寄りそってあげます。

そして、「そのために○○が必要なんだもん、○○までに頑張る!」と、相手がわかりやすくて動きやすい未来を作ることを、見守ってあげます。

まあ、奥が深いんです。全体がよく見えている「心の地図」が必要なんです。だからただ単に肯定をしても、意味ないんですね。

どのスキルや情報も、にわか仕込みが一番怖いですし恥ずかしいですよね。。でも始めはみんな、にわか仕込み。やってみて失敗するのが一番です。

Mountain-Goat-Kids-wallpaper

3.「相手に寄り添えばいいんでしょ」

これ、その通りなんですが、自分がどんな状態で相手に寄り添うかが大事なんです。色んな手法のコーチングがあるんですが、この「相手に寄り添うチカラ」が試されているのが、コーチやカウンセラーと言われている職業です。

話をしながら「なんか探られている感じする」って、言われたことありませんか?これは、あなたの価値観で相手を見ている証拠です。あなたがもし、こういうコーチやカウンセラーでしたら、ごめんなさい、残念ながら売れないですね。

誤っていた「大前提」=「現在地の把握」

僕も3年前くらいに、コーチングスキルを使った相談に乗ると、「なんかきもちわるい」ってことを、たくさん言われました。悩みました。何が悪いんだろう?って。そして答えが見つかりました。

例えば、僕のコーヒーがすでに入っているのに、相手から「私のコーラをどうぞ」って注がれないですよね。ここでいうコーヒーは、心の器。コミュニケーションの世界では、僕の器に入っているコーヒーを無視して、コーラを注ごうとします。僕は残念ですよね。

そういった、勘違いが会話には多発しているんです。そこで気付いたのが、コーチングやカウンセリングをする前に、大前提が誤っていたことだったんです。

seagull_flying

心の羅針盤を調整するという仕事

人生も航海に例えれば、羅針盤が狂っていると、職場の人間関係も、自分の人生も、とんでもない方向に進んでしまいます。

僕は「あなたの心の羅針盤を調整する」ことで、人間関係や自分の夢を達成したいけど心のブレーキが残ってしまう問題を、解決しています。ご興味があれば、ご連絡をお待ちしております。

人間関係の最優先課題は、“観点の問題”を知ること

  • 環境を変えて待遇がよい職場に恵まれたのに、人間関係の悩みは消えない
  • コーチング・カウンセリング・コンサルティング・心理学・NLP・スピリチュアル・宗教・・自分が思う自己啓発は一通りやってきたのに、根本的に変化した感じがしない
  • 今までの努力の仕方では、行き詰まっている
  • 密かにこれからの人生・人間関係に絶望しているが、何に絶望しているのか、言葉にできない

そんなあなたへ。実は、変化の方向性が誤っています。

あらゆる問題の根本的な問題である“観点の問題”を知って本質的な変化に挑戦しませんか?

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!