20代の今のうちに始めよう。まわりに流されない自分を作るための、5つの心得。

gatag-00006738

20代は苦労を買ってでもしろ。なんて言われますよね。努力しないで、うまくいく方法を考えていたら、結局人に流されるだけ。

あなた自身を形成するためには、あなた自身が、周りに流されない自分を作る「決断」をしていきましょう。そのための5つの心得を、書いてみましたので、参考にしてくださいね。

gf01a201503070800

1.選択に責任を持つ

自分の発言や、日々の行動に責任を持っていますか?例えば、朝食を食べること、着替えをしてスーツをきてネクタイを選択すること。

こういった一つ一つの選択も、あなたがやっているという自負が大変大切です。誰かや何かにやらされているものというのは、実は一つもないのです。

あなたがそれに対して、どんな選択をしているのか。その選択に責任を持って日々を過ごしていれば、まわりに流されることはありません。

gatag-00001142

2.相手の意見を聞いたときに、自分はどう思うか考える

誰かの何かを聞いたとき。例えば取引先や職場の中の人から、何かの指示をもらったとき。すぐに鵜呑みにして始めてしまいませんか?

自分の中で仕事のイメージを膨らませてみる。自分だったらこうやって行動してみるかもしれない。そんな風に主体的にイメージしてみましょう。

今までは受動的に、何かを「やらされている」感覚だったものが、何かをやっている感覚へと変化が起きていきますよ。

gf01a201503010000

3.他人のせいにしない

自分の判断に自信が持てないと、組織(だって会社の規則だから〜)や他人(だってあの人がいったから〜)に自分の判断を委ねます。

にもかかわらず、「会社のせいで・・」「あの人のせいで自分は・・」と自分の選択を自分の外に出して、他人のせいにしていませんか?

他人のせいにしている人生も、僕は厭わないですが(それもあなたの選択ですから)、ずっと組織や他人に振り回された人生になってしまいますよ。

gatag-00000095

4.物事をいろんな視点で見る目を持つ

上司の判断が絶対ということは限りません。それは組織の判断も、当然そうです。そして、自分もそれは然り。

一つ一つの観点なんだな〜という風に、物事を多角的に見れるセンスを持つことは、20代の時は非常に重要だな〜と成功者の人たちを見て感じます。

自分が何を選択するのか?その際に、見過ごしている観点があるのはもったいないですからね。

gatag-00004289

5.自分がこの現状で何ができるかを考える

つまりは「現在地」を明確に把握した上で、組織への貢献に何ができるか考えることです。

ちょっとの背伸びは大切ですが、いくら足の長い人でも、2個飛ばしで階段を上るしかないのです。自分の目標設定が高すぎたら、自分自身が潰れてしまいます。

周りが立てている目標に対して、あなたがそれに対して卑下する必要もなければ、優越感に浸ることもしなくていいんです。

もっとも流される点は、あなたの「感情」です。それは誰かや、何かと自分を比較することから始まります。

それが始まると、正直自分のことに手がつけられず、蓄積が起きませんよね。

自分自身を、いい意味で重たく豊かにしていくために、ぜひ、上記の5つ、心得てみてくださいね(^^)

より詳しく知りたい方、本当に周りに流されずに自立をしたい方、5月は、おかげさまで残席1名です。遊びにいらしてくださいね。



【無料メール講座】逃げたい毎日を変えるには、あなたの“悩み体質”を知ることから。  

作れる!



【限定10名・体験セッション】自信がない。仕事の人間関係に疲れた。でも、何とかしたい!そんなあなたへ。
7月体験セッション満員御礼!8月先行予約を受付中。


◯こんな方にオススメです◯
*生きる意味が分からなくなる時がある。
*相手に合わせすぎて、自分が何をしたいのか分からなくなる。
*やりたい事をやっているつもりでも全然満たされない。どうしていつも自分はこうなのか、知りたい。
*こんな自分から、心からスッキリできるようになりたい!



体験セッション


他の記事もいかがですか?
【今の自分を、変えたい方はコチラ】

休職から復帰する

止まらない逃げグセを終わらせる

本当の自信をつける

夢を見つける

【周囲や社会とのコミュニケーションを、実践的に変えたい方はコチラ】

職場の人間関係を円滑にする

パートナーを見つける・家族と仲良くなる

夢を叶える

社会問題を解決する

【セッションを受けた方の声はコチラ】

セッションを受けた人の声

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!