医者・弁護士の子供の“うつ”が多い3つの原因とチャンス

167482128-doctor-stethoscope-628x363

どうしても、なってしまうこの現象

いつもありがとうございます。ハートトラベラーの西勝です。

「うちの息子が家に出ない」

そんな事は、社会的には言えない。夫だってココまでのキャリアを積み、社会的な地位としてもプライドを持てる状態ではある。

しかし、1つだけ悩みがあるなら、息子のこと。高校も名門に行ったものの、大学受験の医学部に失敗。有名私大の理学部、そして大学院にいったものの、その後の就職も研究員が妥当だろうと思っていた。

私としては正直不本意なところがあるけれど、息子がそれで良ければ良いとは思う。だけれども、今度はその研究職すら受けるどころか、家から出ないような状態になってしまった。

夫は相変わらず仕事で忙しく、それに構っているような暇はなさそうだ。息子も、別に何も言えずに部屋でパソコンに向かう毎日。前は明るい子だったんだけど、どうしてこうなってしまったんだろうか。。

そんなお母さんへ。

社会的にこの手の話は露出がされていないですが、私の所に相談に来る方でも、やはり医者・弁護士などのいわゆる「エリート」と言われるお子さんの、引きこもりやうつといった症状でご相談に来られる方は多くいらっしゃいます。

そんな方々の話を聞いて、どんな特徴、そして原因があるのかを3つにまとめましたのでご参考にして頂ければ幸いです。

0

1.「重すぎる社会的な重圧」に耐えられなくなった

環境としても、世間の目としても周囲からは「医者・弁護士の息子」として見られます。

この「重すぎる社会体な重圧」によって「自由度」がどうしても奪われてしまってませんでしょうか?

社会的なプレッシャーの中で「自由にして良いよ」と言われても、それ以上のケアが必要だとは思いませんでしょうか?

また、そもそも「社会的」といっても、学校教育が40年前の日本社会に適した教育を施していますから、世間は「旧社会的」なモノの見方をします。

お子さんは、未来に生きる若者ですが、その「未来社会」は今の「旧社会的」なモノの見方で通用するのでしょうか?

Global-Network_303

2.「“超”特定の周囲」との比較

有名私立校に行けば、周りも医者や弁護士…という事は当たり前の世界ですよね。

そんな中で、また競争に明け暮れていくのです。そうやって自分の可能性は勉強にしかなく、医者や弁護士になる事以外は道じゃない。

というくらい、お子さんが無意識では思っているとしたら、どうでしょうか?他にも道はありませんでしょうか?

130927_0

3.「当たり前」のハードルの高さ

例えば、白紙に一本の線を引きます。

「こっから左は論外。必ず右にいなさい」

そんな線引きをとても多くしていたら。。当たり前のハードルが高くなるってそういう事です。ずっと続いているような感じです。

20130919nakata04

知らないうちに、“常識”の異常化が起きている。

専門性が増すということは、その分、エッジが立つ事でもあります。ということは…そうです。ご想像のとおりです。

お子さんは、その立ったエッジだけで生きるのが全てなのでしょうか?ちょっとでも疑問を持って頂ければ幸いです。

逆を言えば、それを知ったあなたはチャンスなんです。どうしてかは、続きのメール講座をご覧くださいね。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 



【無料メール講座】逃げたい毎日を変えるには、あなたの“悩み体質”を知ることから。  

作れる!



【限定10名・体験セッション】自信がない。仕事の人間関係に疲れた。でも、何とかしたい!そんなあなたへ。
7月体験セッション満員御礼!8月先行予約を受付中。


◯こんな方にオススメです◯
*生きる意味が分からなくなる時がある。
*相手に合わせすぎて、自分が何をしたいのか分からなくなる。
*やりたい事をやっているつもりでも全然満たされない。どうしていつも自分はこうなのか、知りたい。
*こんな自分から、心からスッキリできるようになりたい!



体験セッション


他の記事もいかがですか?
【今の自分を、変えたい方はコチラ】

休職から復帰する

止まらない逃げグセを終わらせる

本当の自信をつける

夢を見つける

【周囲や社会とのコミュニケーションを、実践的に変えたい方はコチラ】

職場の人間関係を円滑にする

パートナーを見つける・家族と仲良くなる

夢を叶える

社会問題を解決する

【セッションを受けた方の声はコチラ】

セッションを受けた人の声

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!