分かってほしくて堪らないのは、どうして?

分かってほしくて堪らないのは、どうして?

「 100%分かってもらえた」って、誰が判断するの?

  • 職場の上司とバトった。理解してもらいたいのに理解してもらえなかった
  • 嫁と言い合いになった。どうしてアイツはいつも、疲れているときほど分かってくれないんだろう
  • 取引先のプレゼン。こちら側の意図が中々伝わっていない。取引先にすごくメリットだというのに

こんな事があって、「分かってほしくてたまらない!」「私の事をわかってほしい!」という感情が止まらないことってありませんか?

これ、別の角度から質問させてください。「いつ、あなたは100%分かってもらえるんでしょうか?」さてあなたはどうお答えしますか?

「あれ?」と立ち止まった方、ええ、そうです。不思議ですよね。

「それは、あの人が私の言っている事を分かってくれたらだよ」と言う方。では、それを判断するのは誰でしょうか?

「分かってもらえた」と「そうじゃない」という線引きをつくっているのは、間違いなくあなたです。

ということで、あなたが、100%分かってもらっていると、自分で自分の事を判断できない限りは、100%分かってもらえる相手は、ずっと登場しません。

じゃあ、どうすればいいの?

人間は、自分の可能性を気付かないようにさせるのが得意で、自分の可能性を最も深いところでは分かっているのに、潜在意識では可能性を制限しています。

本質的には、自分がこんなにも素晴らしい存在なんだけど、それを無意識では分かってあげられていないから、「私はどうせ◯◯な人なんだ」と制限をかけていて「こんな◯◯な私をわかってほしい」と一生懸命、偽物の自分をわかってもらおうとしています。

なのでまずは、あなたが、あなたの可能性を覆いかぶさっている雲の機能に気付くこと。それをやめない限りは、分かってもらいたくて堪らない、その感情を消える一歩が踏み出せませんよ。

やめたい方はRe-Startセッションへ。やめたくない方は、そんなあなたの人生の時期をお楽しみください^^

喜びの声をもらいました

【登録不要】“人生終わった度”を無料チェックできます。

あなたの人生終わった度をみてみませんか?

10個の質問に答えるだけで、終わった度が測れます。

高ければ高いほど、実は将来が◯◯なんです!

人生終わった度を密かにチェックする

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!