人生、何をしてもピンと来ない原因

人生、何をしてもピンと来ない原因

“ピンと来る”が、感覚的に分かっている

自分に自信がない。だけど、それ以上に何をしてもピンと来ていない人生が、一体何なんだろうな〜と思っているあなたに向けてこの記事を書いています。

こういう事は恐らく常に考えているけれど、あまり人にも出せないか、ちょっと小出しに伝えたことがあるかもしれません。出したとしても、共感はしてもらえないなぁと感じていませんか?

それも、そのはずです。「何をしてもピンと来ない」と言っているあなたは、実はピンと来ることがなにか、感覚的に分かっています。だからピンと来ないことに悩めるのです。

“ピンと来る”感覚が鈍っている原因

しかし、この感覚を磨くことは、既存の教育ではやってきませんでした。むしろその反対で、ピンと来る感覚を鈍らせるようなことしかやっていないと言えるでしょう。

たとえ話をしてみましょう。ピンと来る感覚を、仮に“3次元”と命名します。今あなたが使っている感覚は“2次元”だとしましょう。動画が分かりやすく説明していますよ。

ずっと2次元の平面を行ったり来たりする人をみながらあなたは思います。「なんとなく「高さ」って概念があるっぽいんだけど、それを言っちゃうと、なんかビックリされるし、時には変人扱いされるんだよなぁ〜」という感じ。

だからあなたは“2次元”を使います。「そうだよね。人生ってこんなもんだよね。自信なくなるのって当然だよねぇ」というように。しかしあなたが思う“高さ”という概念ですから、これはあなたの思い込みのフシもあります。

しかし、その“ピンと来る感覚”を取り戻したいかどうかは、こんな質問から判明します。

思い込みから、抜け出したいか?

この動画でもマントを着たおっさん(Dr.クオンタム)が「3次元を見てみたい?」と聞きます。すると2次元でウロウロしていた小さな円ちゃんは、戸惑うんですね・・そんな世界があるの!?という風に。

しかし小さな円ちゃんは「YES」と決めます。この「3次元を見てみたい?」という問いが、「あなたが今何をしなくてもピンと来ない状態を、ピンとくる状態に明確に変えたい?」という問いとイコールだと僕は思います。

思い込みから抜け出して自由になりたいのか?そしてあなたが本当に望んでいた感覚を手に入れたいのか?その問いを自分に投げかけてみてください。きっと答えは決まっています。

もし「YES」と答えたあなたは、どんな感覚を持って生きているのか?を発見することで思い込みから抜け出すファーストステップを歩めます。それを行っているのがRe−Startセッションですので、お会いして、お話しましょう。

喜びの声をもらいました!

最新情報はLINE@で!

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。まずは気軽に相談したい方もこちらから^^

 
友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!