26歳大手企業事務職の女性が「諦めを乗り越える力」を持てた体験談。

26歳大手企業事務職の女性が「諦めを乗り越える力」を持てた体験談。

諦めそうになるけど、諦めたくないなら、想いを出すこと

お読み頂き、ありがとうございます。近々行く札幌に向けて、これから準備をしながら、今日は渋谷へ向かい、それから、さいたま新都心へ。その中の、グリーン車で書いています。

昨日のセッション@大手町の事をちょっと共有させてくださいませ。

ぼくと話しながら出てくる言葉、それは、

絶対に言えないことを、聞いてくれる

ということ。

  • 誰も分かってくれるはずない
  • 結局人ってこんなもんだろう
  • だけど諦めたくない

今回の方もそうですが、誰もが心の奥底にしまっている、メッセージというものを、一人一人、本気で伝えてくれます。

そんな深い事を話したことは、人生で全くないわけですから、みんな言うんですよね。。

自分がこんなことを、実は思っていたなんて・・知らなかった。

というふうに。そして、僕を起点に、認識技術を一緒に使っている仲間にも、一人・二人とそのような気付きを、伝えていきながら交流します。

すると、「自分もそうだったんだよ!」と、共感が生まれ、信頼ができ、団結が起きます。本当は誰しも、本当に伝えたいことを、持っているんですよね。

でも、それが言えず、相手の目線に合わせ、組織の目線に合わせ・・そうやって、疲れていき、人間関係を、諦めてしまう。

あなたは、話したいけど、話せないこと、ありませんか?

本当は、話したい。でも、諦めたくない。

今日は彼女の、その言葉を、何度も聞きました。何歳であっても、新しい可能性に、チャレンジできるなら、チャレンジしたいのが、人間なんですよね。

プロとして「聴く」プライド

セッションをするときに、ぼくは、ぼく自身を消します。実際にあるのは、その人の想いと、そうさせてくれない、「ブレーキ」を自ら作っている、「判断基準」だけなんです。

本当の可能性に、気付くためには、可能性そのものを観ることだと、認識技術を伝えてくれた、Noh jesuさんから、僕は教わりました。

「3ヶ月で人生が変わった」この仕事を始めて、この言葉を何度も頂きます。人と向き合い、心を自由に飛び回り、そして旅を続ける。

こうして仕事ができるのも、こうやって読んでくださる、皆さんの応援があってからこそ!本当に、ありがとうございます。これからの、多くの人との出会いも、本当に楽しみです。

喜びの声をもらいました

【登録不要】“人生終わった度”を無料チェックできます。

あなたの人生終わった度をみてみませんか?

10個の質問に答えるだけで、終わった度が測れます。

高ければ高いほど、実は将来が◯◯なんです!

人生終わった度を密かにチェックする

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!