無意識って一発で掴めるモノなんですか?

無意識って一発で掴めるモノなんですか?

そもそも構造を知らないと始まらない

上司に怒られて、イライラしたり逆に凹んだりと、自分が我慢しているんだけど、どうしてもコントロールができなくなるときがあるあなたへ。

「きっと子供のときの親の影響だろうなぁ〜じゃあ自分の無意識ってなんだろう?」と考えているのでしょう。

結論から言うと、そもそも構造を知らないと、無意識を掴んだかどうかも分かりません。例えを出してみます。

「●+●=16」であるなら、●に当てはまる数字を入れなさい。こんな問題があったとしたら、幾通りの数字をはめ込むことが可能ですよね。また、構造としては足し算によって16ができるんだ、ということが分かります。

無意識というのは、例えるならば「●?●?◯」みたいになっています。そもそも数式も、そこに数字を入れるのかすらもわからないので、結論も曖昧なままです。

先程の「●+●=16」ということが分かっている状態であれば、数字を当てはめながら、あーでもないこーでもないと考えることができます。

今のあなたは「●?●?◯」というワケの分からない状態ですから、どこから何に手をつければいいか分からないのは当然なんです。

無意識を意識しすぎて、こんなことになっていませんか?

  • もしかしたら、あの時にお母さんに言われたことがショックで、私はこうなったのかもしれない
  • いや、別のときにお父さんにあんな風に言われたからかもしれない
  • 弟が産まれたから、愛情取られたって思っているのかもしれない
  • 兄にからかわれたりしたから、自己重要感がないのかもしれない

結局これら全ては、自分の推測の域を達していません。また「あ、もしかしてこの経験かも?」みたいに、あなたの記憶をいじりながら、または今の現状に当てはめることが目的になって、昔の経験や解析を改ざんしていませんか?

無意識というのは、とても感覚的です。感覚を駆使して無意識をみようとしますが、そもそも“無”意識ですし、構造もわからないから自分では分かりません。

「しっくり来る・こない」という言葉があります。実はこの感覚すらも、「しっくり来る・こない感覚」があると認識したら意識になります。難しいですよね。無意識を掘るのは、いかんせん1人では相当難しいです。

自分一人では、無意識を発見することが絶対に無理な理由

これはシンプルです。“無”意識の状態にいるのに、無意識を意識化できる、なんていうことは、理論上おかしいです。最近は瞑想などを通して自らの観点を移動しようとさせます。

ではそれで、明日から苦手な上司と、いつ・どんな状況でも、ストレスフリーで、ずっと笑顔で過ごせるようになりますか?

・・と聞かれたら、それはちょっと無理!となるでしょう。結局、崇高なイメージだけトレーニングしても、実社会への応用は難しいです。

無意識の構造を知ってから、更に誰かに無意識を見てもらい、一緒に変化するパートナーがいないと、本当の変化は始まりません。

人間、諦めが肝心

・・・ということで、人間は諦めが肝心です。自分ひとりではどうにもならない事を、受け止められずに「私だったら何とかできるんじゃないか?」と傲慢な態度を取ってしまったらアウト!ということです!

そんな態度を知らず知らずに蓄積したら「この人、何を言っても無駄だ」と、35歳を過ぎてから段々と見放されていきます。そんな人生を送りたいですか?嫌ですよね。

でも怖いのは「自分はそんな態度を取っていない」と頑なに思っているほど、「私一人で何とかしてきたし、なんとかなる」と無意識に思っていること。

この文章にクスっと笑ったあなたは、自覚がおありのようですね。ぜひとも会いましょう。

私は、あなたと一緒に変化するパートナーとなりたいと思っています。そして、ご自身が構造を本当に理解したら、一緒に変化するパートナー(恋人・仕事のパートナーなど)を見つけ出すように、自然になっていきます。

そうしながら、仕事もプライベートも、互いの深い面まで理解しながら、可能性を応援しあえる仲間が溢れるようになったら、人生ハッピーになりません?

初めに相談するのは、誰だって気が重たくなります。ですが、そこから本当に人生が変わった人がたくさんいます。

ぜひ、あなたも、無意識の構造を知って、変わっていく自分を楽しんでいくためにも、Re-Startセッションでお待ちしております

喜びの声をもらいました

【登録不要】“人生終わった度”を無料チェックできます。

あなたの人生終わった度をみてみませんか?

10個の質問に答えるだけで、終わった度が測れます。

高ければ高いほど、実は将来が◯◯なんです!

人生終わった度を密かにチェックする

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!