自分の本音がわからないあなたへ!本音に気付くための3つの方法

自分の本音がわからないあなたへ!本音に気付くための3つの方法

本音がわからない人の共通点とは?

こんにちは。西勝です。先日こんな話を、ダイアログの時に伺いました。

別にメンタルクリニックに行くほど、ずーんと落ち込んで悩んでいるわけではないし、カウンセラーに相談したとしても、最終的に自分が、先生の意見を受け入れようとしてしまうんです。

こうした、ある意味自分のための場であっても、本音が出せない、というか、本音がよくわからないんですよね。一体、本音ってそもそも何なんですか?出したいもなにも、本音がわからないんじゃ、出すにも出せないですよね?

うん、そのとおりです!出したいも何も、本音がわからないならば、出すものも出せないです。では、どうやって本音に気付けばいいのでしょうか?その前に、本音がわからない方の共通点があります。

自分自身を、ありのまま出した経験がない

当然の話ではあるのですが、改めて考え直してみましょう。自分自身を、ありのまま出した経験がない。これが、全員に共通して言える点です。本音を出した経験がないのであれば、そもそも本音が何なのかもわからないですもんね。

だから、ずっとモヤモヤしながら、どこか仕事でもプライベートの彼氏・彼女との人間関係においても、相手に合わせているといった状態ではないでしょうか?

これは、ダイアログをやっていて感じることですが、子どもの頃に、身近な人(特に親)に自分の欲求を出してみたんだけれども、潰されてしまった・もしくは言うことすらできなかった経験をしたと思っている方が多いです。

そのため、小さい頃に蓋をしてしまった本音を、どうやって開ければいいのか?ということが焦点となっていきます。本音に気付くためのワークとして、そんなアプローチから、3つの方法をお伝えしますね。

0.とにかく出し切る!

まずは紙とペンを用意してください。

そもそも大前提として、とにかく出し切ること!が最も大事です。せっかく自分のために、自分で時間を取っているのですが、自分の事を大切にしてあげるためにも、「こんなことは書きたくない」とか「こんな風に思われたくない」とか、そんな判断は置いておいて、とにかく出し切ってみてくださいね。では、いってみましょう!

1.今の悩みをあげる

まずは、今のあなた自身の悩みを書いてみてください。職場の悩み、家族の悩み、なんでも構いませんから箇条書きで書いてみましょう。出し切るまで書いてみてくださいね。では、もう書ききれない!と思ったら次へ。

2.なぜ、それが悩みなのかを出してみる

1つ1つの悩みに対して、こんな問いをあなた自身に投げかけてみてください。

その悩みは、他の人全員が悩んでいるわけではないけど、どうして私は、このことに悩むんだろう?

と言う風に投げかけてみてください。あなたが悩んでいることを、悩みとして捉えない人もいます。しかし、あなたは悩んでいます。不思議ですね。どうして、あなたは悩むのでしょうか?

この質問をしている意図は、深い悩みであればあるほど「これってみんな悩むでしょう?」と、当然のように思っています。なぜならば、あなたは、その悩みから、心の底から解放されたことが一度もないから、皆もそうでしょ?と思い込んでいます。

それが悪いわけではなく、1つの判断としてあなたは、悩むことを選択しているという話です。いいんです。その選択!こちらも思いっきり書いてみてください。

3.本当はこうしたかったけど、できなかった事をあげる

ということで、あなたの悩みとその背景を出し切ってみたら、次にやることは、ご自身にある「期待」のアウトプットです。

もし具体的に名前がいるような悩みなのであれば、

●●さんに対して本当は何を言いたかったの?何をしてほしかったの?

という風に投げかけてみてください。

もし出たのなら、それが今のあなたの現状の本音です。本音が出てきましたね。

しかし、この「私の相手への期待」が何だったのか?ということが出てきづらいのが、本音が何なのかわからない方の特徴でもあります。

「なんでも面倒くさい」になってしまう

本当はこうしたかった、なんて期待はあったかもしれないけど、結局言えないよね・めんどくさいよね。という結論になっているあなたへ、そこがあなたの無意識のクセです。今までの経験で、ずっと相手に合わせてきたあなた。こんな心の声が出てきていませんか?

まぁ合わせるしかないんじゃない?とりあえず、「そうだね。そうだね」って言っておけばいいよね。そうすれば波風立たないし。

自分の事を言うと、すぐに何か言われたり判断されたりしてきた経験が多いと、「もう言わなくて良くない?」となって、そもそも自分の本音を隠すどころか分からなくさせていきます。

そして、最終的には「なんでも面倒くさい」と、人間関係においても疲れてしまうんですよね。もしかして、そのようになっていませんか?

なんでも面倒くさいなら、何が面倒なのかをアウトプットするところから始めよう

なんでも面倒くさいと思っているあなたは、もしその状態から軽くなりたいのであれば、たくさんアウトプットが必要だと思われます。

一体、何が面倒くさいのかということを出してみると、良いのでは?と私は思います。

しかし、色々やってみて、最終的に結局面倒くさい。と結論づいてしまうことが、我ながら残念だなぁと思っている人は、変化のチャンスです。私も応援しています。頑張って。

ハートトラベラーからのご案内

新サービス・無料モニターのご案内

最高に上質な時間を、あなたに。3月までの限定キャンペーンです。

喜びの声をもらいました!

「人生を変える7つの準備リスト」

モヤモヤした20代の毎日から、内面から自信感を持ちながら30代に向けて歩める私になるには、何から始めれば良いのでしょうか?

今すぐできる、自分への質問のコツ、考えの選び方、コミュニケーションの仕方などの情報をまとめた7つの事例を無料公開中!

仕事、人間関係、結婚・出産・・・そんな20代の悩める将来を、未来を自ら獲得し、周囲から一目置かれる30代へと導くためのマニュアルです。


人生を変えるための、7つの準備リスト
お名前
メールアドレス

※Apple社アドレス(icloud.com、mac.com、me.com)の読者が不在になることがありますので、それらのアドレスは極力避けてご登録をお願いします。

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらから^^

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!