人生に絶望しかない時に救われる3つの「大丈夫」とは?

SHIO151020084797-thumb-1000xauto-19664

いつもありがとうございます。ハートトラベラーの西勝です。

あなたは、人生に絶望したことがありますか?家族関係・恋人関係、または仕事のことで、もう本当に人生をやめたい、降りたいと思いますよね。。

僕も正直たくさんありました。小さい頃では、テストに失敗した時。好きな人に自分が好きなことがバレていた時。いじめられていた時、鬱になった時・・などなど。

今ではいい思い出となっていますが、当時は最悪です。そんな絶望しかない時に、救われる3つの「大丈夫なコト」がありますので、それを共有していきます。

NKJ52_usuguraichikurin-thumb-1000xauto-15289

1.終わりは始まりだから大丈夫!

いつもいつも、こういう絶望を感じた時って「人生終わった」って思うんですよね。本当に自分の生きる意味ってなんだろう?とか考えちゃいます。

だけどね。気付いたら、本当に毎回・毎回「人生はリスタート」されているんです。だって細胞だって生まれ変わっているし、今のあなたと1秒後のあなたって違うわけです。

過去を引きずっているのは、あなたの脳がやっている事。逆に言えば、それくらい、絶望したいって事は、新しい事を思いっきり始めたい証拠でもあるんです。

あなたは可能性の塊なんですよ。それに、気付いて!

PAKS_bigsite1firiguchi-thumb-1000xauto-15455

2.絶望するエネルギーを、未来に傾ければ大丈夫!

「いや、傾けられるなら絶望しないよ」とあなたの声が聞こえてきそうですね。でもちょっと、エネルギーの概念を少し考えてみてください。

エネルギーって、目には見えないものですよね?では、あなたが絶望している事は、他のAさんやBさんから見て、見えるものでしょうか?

そうそう。見えないものなんです。あなたの負のエネルギーって、実は正のエネルギーとイコールなんですよ(^^)/

いやいや、私のこの考えが、どちらにも傾くなんてあり得ない。というのは思い込みです。だって、水はどちらにも流す事ができるでしょう?

エネルギーだって、そういうもの。どちらの流れにも移動する事ができるんです。あなたが、絶望続きに感じるのであれば、それは力点(つまり基準点)が同じところからスタートしているから。

それを変えていけば、あなたも絶望から変化をする事ができるんですよ!

20140323-P3230619-thumb-1000xauto-19897

3.絶望は最大の希望だから大丈夫!

絶望の数だけ、人は強くなれますよ。

絶望すればするほど、実は希望が見えるんです。今の世の中や、生きている事に対して、幸せってなんだろう?などの、本質的な疑問に対して、答えがないという事が、本当は一番の絶望なのです。

だけれども、なかなか、あなたの周りはそのような疑問にはいかない筈です。だって、それを考えたらキリがないですからね。

でも、これからの時代は答えがちゃんとあって、スタートする時代ですよ。人工知能もあれば、ロボット産業も出てきますからね。

話が大きくなりましたが、あなたが大きく絶望しているという事は、それだけの「質問」があるという事。

本当に絶望しているならば、その答えを探しているに違いありません。

違ったならば、この話はここまで。「そうだ。探しているんだ!」という方は、その「質問」を携えて、ぜひお会いしましょうね。必ず答えますよ。

関連記事:「人生終わった」と思った時に読んで欲しい3つのこと



【無料メール講座】逃げたい毎日を変えるには、あなたの“悩み体質”を知ることから。  

作れる!



【限定10名・体験セッション】自信がない。仕事の人間関係に疲れた。でも、何とかしたい!そんなあなたへ。
7月体験セッション満員御礼!8月先行予約を受付中。


◯こんな方にオススメです◯
*生きる意味が分からなくなる時がある。
*相手に合わせすぎて、自分が何をしたいのか分からなくなる。
*やりたい事をやっているつもりでも全然満たされない。どうしていつも自分はこうなのか、知りたい。
*こんな自分から、心からスッキリできるようになりたい!



体験セッション


他の記事もいかがですか?
【今の自分を、変えたい方はコチラ】

休職から復帰する

止まらない逃げグセを終わらせる

本当の自信をつける

夢を見つける

【周囲や社会とのコミュニケーションを、実践的に変えたい方はコチラ】

職場の人間関係を円滑にする

パートナーを見つける・家族と仲良くなる

夢を叶える

社会問題を解決する

【セッションを受けた方の声はコチラ】

セッションを受けた人の声

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!