パブロフの犬とDeep Learningと赤ちゃんの意外な関係性。

photo-1461699691626-ed4394071003

人工知能って、そんなにヤバイの?Deep learningって何?

またまた、人工知能の話題です。本当にこの話題は、教育と切っても切り離せないですね。さて、あなたは、Deep-learningってご存知ですか?

自分自身もこういった話題は全く疎くて、周りの人に「これからは人工知能の話題、絶対にみておいた方がいいから追っておきな」と言われて、見始めたのがきっかけです。

観てみると面白いもんです。未来に向かって変化のスピードが早まっているのを感じています。・・と、Deep learningについてでしたね。こちらもまた、引用してみました。

ディープラーニング、深層学習(英: deep learning)とは、多層構造のニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、英: deep neural network)を用いた機械学習である[1]。莫大な計算資源を用意し、ニューラルネットワークの規模を拡大することが必要だが、汎用的なAI、いわゆる強いAIの実現が期待されている[2]。概念・手法は1980年前後からあったが、2010年代に画像認識などから急速に盛り上がり、三度目の人工知能ブームと言われる[3]。

第三次ブーム以後は、機械学習は単なる流行を超えて社会インフラとして広く定着して行った。現在は未だに特化型のAIのみが実用化されている段階にある。コグニティブコンピューティングの核となる技術でもある。

ーWikipedia

どういうこと?という話なんですが、これについては、すっごく分かりやすくホリエモンが語っていますので、ご覧くださいませ。

Deep learningは、パブロフの犬?

この動画でも紹介されておりますが、あなたも、実はDeep learningのような構造を脳の中に持っているんですよね。

今日は嫁の友人が双子ちゃんが産まれたということで、生後5ヶ月の赤ちゃんにご対面してきました。そこで赤ちゃんはじーーーーーっと、観察しているわけです。超かわいい。

そして、何か自分が喋ると、ギャー!とか反応をしてくれます。一緒におしゃべりをして楽しんでいるのでしょうね。

そして、もうちょっと経つと、言葉への反応が正確になっていきますね。例えば「パーパ」とか赤ちゃんが言うと、周りは「おお!パパって言った!」と喜ぶわけです。

すると赤ちゃんは学習するんですよね。「あ、なんかパパって言うと反応するらしいぞ」みたいな風に。これがパブロフの犬と言われている現象と同じ構造。簡単に言えば因果関係を学習しているんです。

赤ちゃんはこの因果関係を多様にやりまくっているわけで、そこで学習を積んでいくんですね。昨今のAIもこの学習システムを取り入れていまして、学習の蓄積を無尽蔵にやっていくので、人間は知能・知性で負けちゃうよという話です。

photo-1477248742637-8e90b0dcfb4b

そろそろ情報取得の中心道具を、見直す時だ。

さて、最近は近未来の映画や漫画を観ていると、人工知能と共存している世界が観られます。VRやARによって、またはIoTによって、快適でキレイな世界を映し出すことが出来ます。

しかし、その中でも常に話題とされているテーマは「争い」と「協力」です。なぜ、このテーマは消えないんだと思いますか?

人間のコミュニケーションは、Input→Think→Outputのサイクルが基本ですが、そもそも現象を観察・観測する所からInputがスタートします。

私たちはいつも、同じ観察・観測の仕方しかしていません。何かというと、5感覚と脳を使っていますよね。そこから日常生活の中で「アナタはこうだ、ああだ」と主観的に判断をしています。

あぁ、だから客観的にモノを観ることが必要ってことね。というと、物理法則を中心としたモノの見方を考えると思いますが、それについても、結局5感覚と脳を使って観察・観測しているので、実は深い観点でみれば主観なんですよね。

そんな中で、この判断が正しい・間違っているという自身の判断に固執をするので、自由になれずにいるのが、人の現在地と言えます。だから、いくらテクノロジーが発展しても、人の認識に変化が起きなければ、同じ問題はつきまとっていきます。

fractal-429034_960_720

人類は、コンピューター・シミュレーションの中で生きている。

人工知能と言えばこの人、イーロン・マスクさんも「人類はコンピューター・シミュレーションの中で生きている」と言っています。

私達が今観ているこの現実は、コンピューター・シミュレーションであって脳がプロジェクターのようにこの現実を見せているだけに過ぎない、という事です。

このコンピューター・シミュレーション内にいるという説が正しければ、人工知能は、シミュレーション内では素晴らしい成果を上げてくれるでしょう。

しかし、あくまでもこの仮想現実の中では、です。この外に出たならば、そんな事はある意味どうでも良いことにもなるし、逆に素晴らしいと観ることだって可能です。

コンピューター・シミュレーションというならば、では何がどのようにして、この現実をまるでコーディングしているのか?設計しているのか?という問いがまた出てきてしまいますよね。

そこについては、ぜひメタ認識技術を知ってみてください。と、お決まりのパターンで今日も、しめたいと思います。



【無料メール講座】逃げたい毎日を変えるには、あなたの“悩み体質”を知ることから。  

作れる!



【限定10名・体験セッション】自信がない。仕事の人間関係に疲れた。でも、何とかしたい!そんなあなたへ。
7月体験セッション満員御礼!8月先行予約を受付中。


◯こんな方にオススメです◯
*生きる意味が分からなくなる時がある。
*相手に合わせすぎて、自分が何をしたいのか分からなくなる。
*やりたい事をやっているつもりでも全然満たされない。どうしていつも自分はこうなのか、知りたい。
*こんな自分から、心からスッキリできるようになりたい!



体験セッション


他の記事もいかがですか?
【今の自分を、変えたい方はコチラ】

休職から復帰する

止まらない逃げグセを終わらせる

本当の自信をつける

夢を見つける

【周囲や社会とのコミュニケーションを、実践的に変えたい方はコチラ】

職場の人間関係を円滑にする

パートナーを見つける・家族と仲良くなる

夢を叶える

社会問題を解決する

【セッションを受けた方の声はコチラ】

セッションを受けた人の声

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!