わたしたちの仕事、ロボットに奪われますか?

奪われる、んだけど・・もっと深く考えたいこと

社内での人間関係がギクシャクしちゃって、ランチの時とかも気まずかったり、妻と喧嘩をしてしまって、帰りが憂鬱だったりすることってありますよね。

仕事が順調だったとしても、未来はその仕事はありますでしょうか?

未来は、人工知能が人間の代わりの役割もしてくれますから、遠くない未来に、あなたがやっているお仕事が機械が代わりにやってくれるということもあります。

煩雑だと思う人間関係の問題も同じ話。今は女子高生AIのりんなだったり、中国でも僧侶ロボットなんかが流行ったりしています。人工知能が代わりにやってくれそう。

人間以上に、人間らしいことが出来るようになるかもしれない、人工知能。

まぁ、「そんなことはない!」「いや、その通りなんだ」といった様々な議論が交わされておりますが、自分が思うことはいずれにせよ、「人間は何をするのか?」というテーマに関して、考えなければならない時代に来ているなぁと思います。

日経新聞記事より抜粋

わたしの仕事、ロボットに奪われますか?

↑の記事では、あなたの仕事が何%ロボットが代替できるのか、割合を算出しているものがありますので是非試してみてくださいね。

今ある業務が自動化される割合を国別に比較すると、日本はロボットの導入余地が主要国の中で最も大きいことが明らかになった。マッキンゼーの試算では自動化が可能な業務の割合は日本が55%で、米国の46%、欧州の47%を上回る。農業や製造業など人手に頼る職業の比重が大きい中国(51%)やインド(52%)をも上回る結果となった。

日本は金融・保険、官公庁の事務職や製造業で、他国よりもロボットに適した資料作成など単純業務の割合が高いという。米国などに比べ弁護士や官公庁事務職などで業務の自動化が遅れている面もある。米国の大手法律事務所では膨大な資料の山から証拠を見つけ出す作業にAIを使う動きが急速に広がっているが、日本はこれからだ。

ロボットと仕事競えますか 日本は5割代替、主要国最大

モノづくりによる他国の追随を許さない勢いの成長があって、単純効率化が最も進んだ国だからこそ、単純業務の割合というのが多いのかなぁと感じました。

セッションをしながら一緒に成長させてもらっている方から話を聞くんですけど、こんな話がよく出てきますね。

保育士が最も気をつけないといけない所って、何よりも安全面。その次に教育といったような感じだと思います。

人工知能が出てきたら、保育士の不注意で誰かを怪我させてしまうということはなくなりますから、親としては、その点だけでも安心ですよね。

保育士も、それを人工知能に任せられるならば、考えられることがグッと減ると思う。と同時に、人員の削減も考えられますよね。

ー23歳 保育士

介護職の私も同じように思いますね。機械とか力仕事については人工知能がやってくれると、とても良いですよね。そこからお喋りとかも人工知能が出来るんだったら、私たちがやることって本当少なくなると思うんです。自分の生き方を改めて見直さなきゃだって思います。

ー25歳 介護職

そうすると、皆さん言うんですよね。「自分らしいことってなんだろう?」「人工知能だと出来ない仕事って何だろう?」確かにそれを思うんですが、今までの前提条件が一緒だったらば、人工知能と共存するなんて話も出てきていないわけですよね。

そもそも、人工知能と人間の違いって何なんでしょうか?それについて、答えることができますか?

人工知能には真似できない仕事って?の前に。

人工知能・人工知能と世間では叫ばれていますが、一体それは何なのか?というと、その学習方式であるDeep learningの登場により多くの仕事に汎用されるようになったといえます。

じゃあDeep learningって一体何なのさ?と言うのは、以下の記事にまとめていますのでご覧くださいませ。

人工知能と人間が共存していくために。人工知能と人間の本質を通して、私達が知っておくべきこと。

機械も今までは、単純な順番を覚える程度ならば出来たけれども、そうじゃなくて、深いパターン学習もできるようになったわけですよね。

機械もディープラーニングできるようになったのだから、人間もディープラーニング、必要ですよねと思いますね。そのための技術が認識技術なわけなんですが、ご興味がおありの方は、こちらの本も是非、ご一読してみてくださいね。

本を読んでの感想ですが、本当の深さって、筆者が観ているくらいまで達していないと、分からない領域があるんだなぁと思います。

ちょっと身近(?)な例ですが、よゐこの浜口さんも、あーやって無人島で何度も素潜りしているので、あの深さに何度もいけますけれども、自分みたいな素人が、いつもそんな深い所に達することは出来ないですから(笑)

人間関係の深さも同じだと思います。どこまで深くできるのか?そのために「無」のイメージを活用する重要性を実感しました。人間のディープラーニングとは何なんなのか?そんな事を楽しみながらご覧くだされば楽しいかと思います。

まぁ色々と書きたいですが、今日はこのへんで。最後までお付き合い頂きありがとうございました!



【新・無料メール講座】5年後の未来に向けて、準備をしませんか?  





【限定5名・体験コンサルティング】ポストAI時代に向けて、会社を辞めて起業したいけど、何をすればいいか分からない、あなたへ。全ては「認識」が変わることにありました。
2017年5月体験コンサルティング予約受付中!


◯こんな方にオススメです◯
*相手のために頑張っているのに、報われない。その理由を知りたい。
*一部の人には問題解決できるのに、全員になるとできない。本当の答えが知りたい。
*いずれは、日本や世界の未来のために、全ての人が幸せになれる生き方が出来る、人間になりたい




他の記事もいかがですか?
【今の自分を、変えたい方はコチラ】

休職から復帰する

止まらない逃げグセを直す

本当の自信をつける

夢を見つける

【周囲や社会とのコミュニケーションを、実践的に変えたい方はコチラ】

職場の人間関係を円滑にする

パートナーを見つける・家族と仲良くなる

夢を叶える

社会問題を解決する

【セッションを受けた方の声はコチラ】

セッションを受けた人の声

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!