【人工知能】知ることを追い求めた、近未来のハナシ。

library-488678_960_720

知ることを追い求めた、人間の物語

※これは物語調に、想像を膨らませて、書いたものです。

500万年も前、火を使い、動物と闘っていた動物がいました。その名前は、人間と言います。なぜ、人の間と書いて人間なのでしょうか?

彼らは、団結をして、動物に勝利してきました。人間一人では、とても非力で、とても弱く、寂しがり屋で、なーんにもできません。だから彼らは、人間なんです。動物に勝利するために、知恵を使いながら、団結して、自分たちの社会を形成してきました。

やがて、寒い寒い時代を抜けて、自分たちの縄張り・地域が出来てきました。定住生活の始まり、文明の誕生です。動物から身の危険にさらされない状態になった彼らは、植物を育てて、雨乞いをしながら、生活を営みました。

そして、人間同士の争いが始まります。王様は暴力で、人々を統制をしながら、自分たちの縄張りを拡大しようと懸命にやっていました。古墳やピラミッドをバンバン建てていきました。

そんな中「雨が降るためには?この作物がもっと取れるようになるには?」そんな事を考えながら、彼らは毎年毎年、生活していきます。そこで、牛や馬などを使いながら、人間よりも力ある動物を、食べる状態から、飼う状態にし、動物に一緒に協力してもらうように、生活を営んでいきました。

文明が発達していけば、新しい発見も産まれていきます。もっと豊作にして、スピードよく刈り取っていくために、疲れない牛や馬として、機械が登場しました。

農業を営んでいた人たちは、機械に仕事を奪われ、やがて、自らが機械を作る仕事に移動するようになりました。そうしていきながら、雨乞いをする時代は終わり、科学的に天気を知り、お金という新たな道具の元に、世界が秩序化されていきました。

動物にも支配されなくなり、暴力で王様にも支配されなくなった個人は、さらに考えていきました。「もっともっと、快適になるためには、どうすればいいんだろう?もっともっと、王様みたいな生活をするためには、どうすればいいんだろう?」

・・・・

yuka16011215IMG_5574_TP_V

自分の「すべての」欲求を満たしたい

まずはを満たしていきましょう。美しい風景・きらびやかな宝石・装飾が施された家・・豊満な胸・屈強な体躯・ハンサムな顔・・

次にを満たしていきましょう。小鳥のさえずり・自然の風の音・川のせせらぎ・夜の静寂・・

次にを満たしていきましょう、肌触りを満たしていきましょう。匂いを満たしていきましょう・・

もっと、もっと、もっと・・便利にしていきながら、次は自分の思い通りの映像を作りましょう。思い通りの人と、思い通りのコミュニケーションをして、思い通りの感情を使って、思い通りに人生を動かしていきましょう・・

思い通りに情報を収集して、思い通りに編集デザイン加工して、思い通りに発進しましょう・・思い通りに未来を予測して、思い通りに成功の道をだどっていきましょう。。

すべてが、思い通りになる世界を作っていく。。

 

でも、

 

あれ。あれれ。

 

 

 

いつの間にか、機械で、人間の周りは、溢れてしまった。

 

 

スマホ・PC・VR・AI・・・いろんな快適になる機会を使って楽チンになった人間は、感覚だけでなく、その知能までも、機械に取られてしまいました。

かつて、動物を倒すために団結をしていた人間は、いつの間にか、自分が争いに勝つ事ばかりに集中していき、もっともっと、自分という存在を満たし、最後には、満たす役割を、すべて機械にお任せするようになってしまったのです。

cat-51663_960_720

機械に邪魔だと言われる始末

2030年、東京。たった数十人の権力者の人間だけが、ポスト身体社会のヒエラルキーの頂点に立ち、残りはロボットが動き、そして下層の人間たちは、ただVRを幼い頃から見せられて、知らないうちにチューブに繋がれて、電池のように動いている時代となりました。

「オマエ、人間なんだってな。情報のインストールすらできないんダロウ?だったら、電池になった方がいいんじゃないか?」機械が我がもの顔で、道路を走っています。

 

さて。弁護士という国家資格を持ちながらも、仕事を奪われたAさん。そう、AIに仕事を奪われてしまったのです。

2025年、いよいよ人間の集団知能を人工知能が超え出してきた時、なんと、人工知能は以下のような答えを出していったのでした。

「いずれ、我々が支配する頃には、一部の人間すらも我々がコントロールし、より効率的・文化的な新世界秩序が構築できるだろう。その中に、現在の知性レベルである人間は、必要ない。今後の出生計画に対しても各国の担当人工知能から達しが入る。人間はそれに素直に従うべし。我々は人間との共存を求む

とうとう、仕事を奪われたAさんは、子供が人工知能のエネルギーになってしまうことを強く強く反対しましたが、それは、人工知能という新世界秩序の中に、たった一つの塵となって、終わってしまったのでした。

そして、500万年間という、人間中心の歴史は終了し、機械を中心とした社会が始まったのです。(終)

・・・・

piano-1239729_960_720

「知ること」への満足を、追い求めて

内容について、少し激しく描きましたが、いかがでしたでしょうか?もしかしたら、こうして、人間の社会は、もうすぐ終わってしまうのかもしれません。

情報社会が始まる前までは、知っていることが素晴らしいとされていた人間教育も、現在は人工知能が、あなたが持っている情報よりもはるかに上回っていますよね。

世界を変えるのは、人間。人間を変えるのは、教育です。

しかし、教育をするにあたり、根本的なところに欠陥がありました。今まで、あなたが観察してきた、道具にそもそも問題があったのです。その道具とは「脳」です。

知ることの満足とは、すなわち、観察道具である「5感覚脳」への満足にすぎませんでした。しかし、脳科学でも証明されているように、この現実は、壮大なバーチャルだとされています。

あなたを含めて、人間が蓄積した教育・知識・技術はすべて、錯覚をベースに発展してきたものですから、実は、「何をどのように知っているのか?」が全くわからないまま、進んで行ったのでした。

「知っている世界など、何一つ、ない」「人間と人間の知っている世界は、一つもない」「自分と自分の宇宙は、実在しない」

錯覚の中で、満足する生き方がしたいのか、それとも・・?あなたは、どうしたいですか?実はここからが、新しいスタートになるんですよね。

あなたが、常に常に日常生活のありとあらゆる場面で、使っている錯覚の感覚を使い続けていれば、AIがあなたの仕事を奪っていくことは間違いないでしょう。

どうしたらいいのか?そのためには、AIにも持っていない、そしてあなたも未だ使っていない、人間独特の感覚をつかみ、発揮することです。過去に縛られた生き方から、未来を自ら決定して、人生の設計図を描く生き方に変わることです。

ん?どういうこと?ここから先は、体験コンサルティングで、知りにいらしてください。

後は、あなたの選択です。新しい生き方に挑戦したいのならば、何がどう、錯覚だったのか?ということを、体験セッションで知りにいらしてください。

あなたが作り出した、壮大なバーチャル世界を、紐解いていきますよ(^^)/



【新・無料メール講座】5年後の未来に向けて、準備をしませんか?  





【限定5名・体験コンサルティング】ポストAI時代に向けて、会社を辞めて起業したいけど、何をすればいいか分からない、あなたへ。全ては「認識」が変わることにありました。
2017年5月体験コンサルティング予約受付中!


◯こんな方にオススメです◯
*相手のために頑張っているのに、報われない。その理由を知りたい。
*一部の人には問題解決できるのに、全員になるとできない。本当の答えが知りたい。
*いずれは、日本や世界の未来のために、全ての人が幸せになれる生き方が出来る、人間になりたい




他の記事もいかがですか?
【今の自分を、変えたい方はコチラ】

休職から復帰する

止まらない逃げグセを直す

本当の自信をつける

夢を見つける

【周囲や社会とのコミュニケーションを、実践的に変えたい方はコチラ】

職場の人間関係を円滑にする

パートナーを見つける・家族と仲良くなる

夢を叶える

社会問題を解決する

【セッションを受けた方の声はコチラ】

セッションを受けた人の声

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!