目標がないあなたへ、無意識で達成している目標を思い出すための、3つの質問

目標がないあなたへ、無意識で達成している目標を思い出すための、3つの質問

目標を持っていない人なんていない

こんにちは、西勝です。今日は「目標がない」というテーマです。あなたは「変化することが怖い」「傷つくのが怖い」「なにかにつけて否定的になってしまう」という事はありますか?

そして、「目標を設定しようと思っていない」「視野が狭くなっている」「目標の再調整を忘れている」などの話を聞いて、やっぱり失敗を恐れずに、目標を設定して、前向きに進まないといけないんじゃないか?と思っていませんか?

もし、そうだったとしたら、ちょっと待ってください!

これらの内容は、そもそも、目標がないという現在の状況を、否定している前提で進めています。

しかし、それは誤りです。既にあなたの中に目標があるんです。そのことを知っていましたか?

目標を持っているとはなにか?

まず、目標とはなんでしょうか?辞書で調べてみました。

もく‐ひょう〔‐ヘウ〕【目標】

1 そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。「島を目標にして東へ進む」

2 射撃・攻撃などの対象。まと。「砲撃の目標になる」

3 行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準。「目標を達成する」「月産五千台を目標とする」「目標額」

コトバンク 目標(もくひょう)とは

これらの共通の特徴は、目標=結果だということです。「島に到着する」「的を当てる」「目標を達成する」。全部結果がついていますよね。

つまり、「目標を持っている」とは「実現・達成をめざす、未来のイメージがある」ということです。ちなみに、実現したい未来のイメージが無い状態を、有る状態に変えるのが、コーチングですね。

しかし、私が伝えたいのは、実現したい未来のイメージが無い状態ではなく、既にあなたは実現したい未来のイメージを、持っているということです。

例え話をしていきますね。

あなたが赤ちゃんだった頃、まだ寝返りもうてなかったところから、寝返りが打てるようになりました。これは寝返りをうつという、実現したい未来があって、結果がついてきていますね。

そこから、ハイハイ、つかまり立ち、歩く、しゃべる、様々な動作を覚える・・といったように、何度も目標達成をしています。

しかし、そんな昔の事はあなたも覚えがないように、無意識で目標を達成しています。これがミソです。今のあなたも、無意識で目標達成をしていることがあるんです。

今回は、その無意識で達成している目標を思い出すための、3つの質問をお贈りします。ぜひ、答えてみてくださいね。

1.「結局自分は、いつも●●になる」●●に入る内容はなんですか?

あなたが成功し、達成していることがあります。それが「結局こうなる」というパターンを繰り返していることです。これは、人間だったら誰でもやるものですから、あなたも例外ではありません。

「結局自分は、いつも誰かに止められる」「結局自分は、いつも相手から反発をくらう」「結局自分は、いつも何言っているか分からないと言われる」など。恋愛の終わりや、仕事でミスした時の結末を思い浮かべると、「結局●●」は出てきやすいです。

●●に入る内容は、1つだけとは限りません。たくさん書いてみて、しっくり来るものを探してみてくださいね。

いかがでしょうか?目標達成、していますよね?これって、評価されづらいですが、あなたにしかできないすごいことなんです。そうは、思えないかもしれませんが。

さて、ご自身のいつも●●になる、は書けましたか?では、次の質問です。

2.「本当は●●になりたい」●●に入る内容はなんですか?

目標達成の話で言えば、1は結末・結果です。2はなにかというと、想像したい未来のことです。●●に入る内容は何でしょうか?

「本当は、頼られる人間になりたい」「本当は、周りからも承認される人になりたい」「本当は、お金持ちになりたい」「本当は、親に安心されるようになりたい」こんな風に書いてみましょう。

では、次の質問です。

3.あなたが本当になりたい自分は、1と2のどちらですか?

2のような結果が出れば、あなたにとって嬉しいことでしょう。しかし、1の結果が常に出てきているので、あなたは1の目標達成をしています。つまり、1の未来を想像し、思い描き現実にするのが、得意なのです。

人は誰もが、1のような「こうなりたくない自分」を抱えて戦々恐々と生きています。たとえ2のような理想の結果になったとしても、また「1に戻りたくない!」と不安になったり、恐怖を感じながら目標を達成していくのです。

この「1に戻りたくない!」という不安や恐怖とお友達になれないから、新しい挑戦が踏み出しにくくなります。

いわゆる成功者という方々も、この戦々恐々とした状態が続いています。これって、大変ですよね?もう、やめませんか?(^_^;)

楽しく理想の未来を達成したいなら、1の自分への判断をやめよう

  1. 「目標を持っている」とは「実現・達成をめざす、未来のイメージがある」ということ
  2. そもそも、あなたは無意識の目標を持っている
  3. 無意識の目標は「達成したくないけど、どうしてもなってしまう自分」だった
  4. 今までの目標達成とは、「そんな自分になりたくないから」頑張るもの

あなたが目標がないと思ってしまう理由は、1と2の自分を行ったり来たりして、結局1に戻り、疲れてしまったからなんです。

1の自分を否定すればするほど、2の方に振りやすいですが、その分揺れ戻しが激しく、疲弊してしまいます。まさにあなたの状態ですね。

ですから、楽しく理想の未来を達成したいなら、1の自分への判断をゆるくしていくと、新しくやるチャレンジにも「またこうなるんじゃないか・・」という抵抗感がなくなって、楽しめるようになりますよ。

別に1の自分になってもいいのです。1のような未来をつくれるあなたは、唯一無二ですから、すごいですよ。

まとめ:人生とは「どんな自分になって何をするのか」

「目標を定めよう」「目標を決めよう」という前に、やるべきことがあります。それは「どんな自分になるのかを定めよう」ということです。

「結局何をやってもダメな私」が「目標を定めよう」としても、結局目標が定まらずにダメになってしまうのは、目に見えますよね。笑

ですから「どんな自分になるのか?」それが定まった時に、「何をするのか」という目標が定まってきますよ。しかしくれぐれも、今の自分を否定することにはご注意を。。

それでは、今日はこの辺で。あなたの人生がスッキリするような、質問をこれからも提供し続けていきますね!

ハートトラベラーからのご案内

新サービス・無料モニターのご案内

最高に上質な時間を、あなたに。3月までの限定キャンペーンです。

喜びの声をもらいました!

「人生を変える7つの準備リスト」

モヤモヤした20代の毎日から、内面から自信感を持ちながら30代に向けて歩める私になるには、何から始めれば良いのでしょうか?

今すぐできる、自分への質問のコツ、考えの選び方、コミュニケーションの仕方などの情報をまとめた7つの事例を無料公開中!

仕事、人間関係、結婚・出産・・・そんな20代の悩める将来を、未来を自ら獲得し、周囲から一目置かれる30代へと導くためのマニュアルです。


人生を変えるための、7つの準備リスト
お名前
メールアドレス

※Apple社アドレス(icloud.com、mac.com、me.com)の読者が不在になることがありますので、それらのアドレスは極力避けてご登録をお願いします。

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらから^^

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!