幸せになりたいのに、幸せになれない。矛盾の本質的な原因は?

みんな幸せになりたいのに、幸せになっていない

あなたは幸せになりたいですか?という問いに対して「私は不幸になりたいです!」という人はいないでしょう。笑

では現状はどうでしょうか?身近な人間関係の問題から、今では北朝鮮ミサイルの問題まで幅広く不幸せそうな現状が続いています。おかしいですよね。

昔を遡ってみても、幸せになってない

実はこの状態って、もっとずっと昔から続いています。かつて王様が中心だった時代もありました。その時も奴隷がいましたし、今から見れば人間らしいと言われる状態ではなかったでしょう。

そして今は、資本主義になったことで、王様が中心ではなくてお金が中心になりましたね。ですが貧富の格差はひどいし、貧困だってあれば戦争もなくなっていません。

それで、「今の人間は幸せだよね〜目の前の小さなしあわせを〜」と言われても、説得力がありません。現実を直視すれば、すべての人が幸せになっていませんよね。

新しいスタンダードから時代が変わってきた

では、かつての大きな変化はどうだったのでしょうか?先程も述べたとおり、西洋のルネッサンスがありますね。

あなたは今、地球が回っていることを実感していますか?地球が回っていて、太陽系の周辺に地球がいることを感じますか?と言われても、実感していないですよね。ですが、そのイメージが入っているだけですね。

天動説から地動説に変わったことは、人間にとって本当に衝撃的な事実だったわけです。どうみたとしても、天が回っているように観えますから。ですが、科学で地球が回っていることを、証明しちゃったんですね。

地球は、天動説であれ地動説であれ、変わらずに動いていました。変わったのは人間の認識です。私たちはそのイメージを当たり前のように受け取っていますが、かつてはそれによって、何百人・何千人の人が命を落としたわけです。

しかし、天動説から地動説になったからと言って、私達の命が危ぶまれたか?というと、まったくもってそうではありません。

だけれども、地球が平面だと思った人が球体の地球をイメージしたら、地球から落っこちてしまうイメージが来てしまいます。当時の人は重力も知りませんから、それはそれは怖かったのでしょう。提唱した人を否定したくなりますよね。

しかし地動説が出てきた事で科学が発展し、それが事実でしたから、生活がより便利になったことは間違いありません。イメージの大転換により、幸せを享受できる範囲が大きくなったといえるのでは、ないでしょうか。

こうして時代のスタンダードは大きな否定からやって来て、進化・発展しています。

新時代のスタンダードは、何だ?

では、新しい時代のスターンダードとは何でしょうか?認識技術では「自分と自分の宇宙は実在しない」ことが当たり前になる時代と言っています。

あなたは、この宇宙が実在するという事を明確に立証できますでしょうか?実は、今の物理学者もその証明が出来ていないんです。

量子力学の世界では、この現実は有ったり無かったりする確率論のようなものであり、観測するまで存在しないものだと述べています。

もう、宇宙が有るという当然は消えていき、そもそも自分と自分の宇宙は実在しないのが当然とする社会がスタートします。

そうなると、やはり抵抗するわけですね。「自分が消えちゃうの?」「命が失われちゃうの?」などなど、恐怖満載なわけです。

しかし天動説から地動説と一緒ですよね。現実は何も変わらない。だけれども、認識が変わるのです。新しい時代のパイオニアとして進みたい方、ぜひご連絡をお待ちしております。



【新・無料メール講座】5年後の未来に向けて、準備をしませんか?  




他の記事もいかがですか?
【今の自分を、変えたい方はコチラ】

休職から復帰する

止まらない逃げグセを終わらせる

本当の自信をつける

夢を見つける

【周囲や社会とのコミュニケーションを、実践的に変えたい方はコチラ】

職場の人間関係を円滑にする

パートナーを見つける・家族と仲良くなる

夢を叶える

社会問題を解決する

【セッションを受けた方の声はコチラ】

セッションを受けた人の声

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!