25歳、自分らしい生き方って、どうしたら描けるの?に答えるための3つの質問

25歳、自分らしい生き方って、どうしたら描けるの?に答えるための3つの質問

「自分で決める」ことを、し続けることで自分らしさは描ける

こんにちは。西勝です。今日は自分らしい生き方についてです。

結論から言うと、自分らしい生き方は自分で決めるしかありません。

しかし、それが決められるのなら、こんな悩みがWEB上にわんさか上がっていません。

ということでこの記事は、自分で決める!が、できない人に向けてお送りしています。

自分らしい生き方がわからない理由「自分が何者か、わからない」

どうして自分らしい生き方がわからなくなってしまうのでしょうか?

それは、自分が何者なのか?何を考えているのかがわからないからです。

この問を自分で静かに考えればよいのですが、それよりも、周りの目が気になってしまいます。

例えば転職をするとしたら、「まだ2年目なのに、転職をしていいんだろうか・・」と、親の顔や周りの目が気になって、正々堂々と転職活動に取り組めないケースがあります。

すると自分=周りの目となってきてしまい、いつも周りの目を気にした発言ばかりになります。

自分の思うことを出したいように、出すことができません。

こうなれば、周りに合わせる生き方に慣れ、周りの目が気になり、ビクビクしてまい、自分らしい生き方も、わからなくなっているという例です。

先日ダイアログをしたときに、以下のような話がありました。

社会人2年目になって、結構キツイ部署に回された。

右も左もわからないまま、進んでいった時に感じたのは「自分は、このままで良いんだろうか?」ということだった。

モヤモヤしたから、とりあえず転職活動をしてみたけど、第二新卒枠で試験に通った所があった。

だけど、これだと会社から逃げているような気もする。

まだ2年目だし、学べてないことはたくさんあるのは確か。

転職活動していたところも、やりたいところではあったけど、結局私らしい生き方なのかもわからない。

そもそも自分のあり方とか、自分の生き方って一体どうしたらわかるものなんだろう?

ていうか、この年齢で分かるものなの?

25歳ってこれからの将来を考えて、結婚はどうするのか?とか、仕事はこれから続けていくのか?とか、色々と迷う時期でもありますよね。

周りの友達も転職したり、結婚したりする人もいるでしょう。

すると思いますよね。本当に今のままでいいんだろうか?って。

そんな、25歳のあなたに向けて、転職をすすめるわけでもなく、今のところで落ち着いたらいいじゃん、というわけでもなく、自分らしい生き方を描けるような3つの質問を用意しました。

ぜひ、答えてみてくださいね。

1. 最も嫌な自分は、どんな自分ですか?

自分らしさを探す時に、自分は何者か?を考えることが大切だと伝えました。

自分は何者か?を考えるにあたっての質問として、わかりやすいのが、自分の好きなところ・嫌いなところです。

まずは嫌いなところを聞いていきます。あなた自身で、最も嫌な自分は、どんな自分でしょうか?

例えば「結局、何かをやると決めたのに、中途半端に結果も出せずに終わっている自分」とか。

日本人は否定するポイントを探すのが得意なので、どんどん出てくると思います。

否定するポイントを探すクセは、別に悪いことではありません。

あなたの特性ですので、最も嫌な自分を力を込めて考えて書いてみてくださいね。

2.最も理想的な自分は、どんな自分ですか?

同じ理由で、逆の質問をします。

あなたにとって、最も理想的な自分は、どんな自分なのでしょうか?

まずはそのイメージを思いっきり出してみてくださいね。基本的には、1とは逆の答えになるかと思います。

例えば「自分でやるべきことを自分で決めて、結果も検証して次に繋げることができる自分」が理想的です。とかですね。

なんとなくイメージが湧いてきましたか?では、次にいってみましょう。

3.あなたの“自分らしさ”を制限しているイメージはなんでしょうか?

1,2を通して、あなた自身の好き・嫌いが出てきたと思います。では、自分らしさを制限しているイメージとはなんでしょうか?

これは先に答えから伝えますが「2のような自分じゃないと、嫌だ」という制限をしていませんか?

実は「こんな自分は絶対に嫌だ」という面に可能性って眠っていることがたくさんあります。

  • 本当は、抜けているところが可愛いのに、しっかりしてしまう
  • 本当は、自分を貫ける人なのに、周りの目ばかり気にして弱いフリをしている
  • 本当は、主夫の方が似合うのに、自分が稼がないといけないと焦っている

例えば、こんな人を見たことはありませんか?ご多分に漏れず、あなたもそうなんです。

「こんな自分は絶対に嫌だ」と思っているポイントが、実は可愛いと思われるんですよね。

自分を「可愛い」とふっと笑えるか?が自分らしさを広げる

実は、「こんな自分は嫌だから、こんな自分になりたい」という風に、自分を変えようとすることが自分らしさだと勘違いしています。

それは、既にこんな自分は嫌だという選択をしていて、自分の可能性を狭めているんですよね。

例えば「中途半端な自分も、一生懸命何かを変えようとして可愛いなぁ」と、中途半端な自分への定義を変えること。

その定義が変わる瞬間が、ダメだと思っている自分を「ふっと笑えるかどうか」なんです。

笑いって間が開きます。会話でも笑いがあると、ついつい話したくなりますよね。

そうやって、あなた自身の嫌なところにも、ふっと笑いを入れてあげることをオススメします。

そうすることで、力を抜いて「私」という生き方にオッケーを出しながら、周りとのチームプレーを楽しめるようになりますよ。

もちろん、「最も嫌な自分にふっと笑う」って、とっても難しいことです。

だって今まで「最も嫌な自分を変えるため」にしか人生を生きていませんからね。

力の抜き方とは、今までの自分から外にでることで抜ける方法は見えてきます。

もちろん、実践しながらですが。私自身は、そんな力を抜いて、自分らしさを広げられるあなたになれるように、一緒に伴走していきたいと思っています^^

ハートトラベラーからのご案内

新サービス・無料モニターのご案内

最高に上質な時間を、あなたに。3月までの限定キャンペーンです。

喜びの声をもらいました!

「人生を変える7つの準備リスト」

モヤモヤした20代の毎日から、内面から自信感を持ちながら30代に向けて歩める私になるには、何から始めれば良いのでしょうか?

今すぐできる、自分への質問のコツ、考えの選び方、コミュニケーションの仕方などの情報をまとめた7つの事例を無料公開中!

仕事、人間関係、結婚・出産・・・そんな20代の悩める将来を、未来を自ら獲得し、周囲から一目置かれる30代へと導くためのマニュアルです。


人生を変えるための、7つの準備リスト
お名前
メールアドレス

※Apple社アドレス(icloud.com、mac.com、me.com)の読者が不在になることがありますので、それらのアドレスは極力避けてご登録をお願いします。

最新情報はLINE@で。

日々の更新情報は、LINE@でお届けします。会員限定のお得な情報も発信中。まずは気軽に相談したい方もこちらから^^

友だち追加

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Facebookに投稿して、応援してください!